松重豊、神田明神で映画ヒット祈願!安藤なつの結婚も祝福

映画では悪役の声優を務めた松重豊
映画では悪役の声優を務めた松重豊

 俳優の松重豊が9日、神田明神で行われた映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』(12月20日公開)の大ヒット祈願イベントに、お笑いコンビ・メイプル超合金カズレーザー安藤なつ)と出席。吹き替えを担当した映画のヒットを祈願すると共に、先日結婚を発表したばかりの安藤を祝福した。

松重豊&メイプル超合金、神田明神でヒット祈願!【画像】

 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、人間とドラゴンの友情を描いた人気シリーズの第3弾。人間とドラゴンが平和に暮らすようになった島が、ドラゴンの増加でパンク状態となり、主人公ヒックとドラゴンのトゥースが新天地を求めて旅へと繰り出す。

[PR]

 祈願を終えて、境内に登場した松重は映画について、「本当に素晴らしくて、老若男女問わず楽しめると思います。友情、冒険、別れ、愛と哀しみなど、いろんな要素が詰まっていて。3部作なのですが、まだ続くよという感じでなくて、カタルシスがある終わり方で非常に納得です」と新作をアピール。自身が声を当てた悪役・グリメルについては、「どういう理由で僕を選んだのかと思って、(キャラクターの)画を見たら、白髪で長身の悪いヤツで。もし実写になったら、僕もオーディションに受かるかもしれないという役でしたね」と説明。人を殺す役柄を数多くこなす松重は「いろんな悪役の演じ方があると思いますが、今回のドラゴンを集める役というのがどういう位置づけなのか、わからないところがあって。でも楽しませてやらせていただきました」と振り返った。

 イベントの途中で登場したメイプル超合金の二人は、龍踊りと共に松重の周辺を無表情で闊歩。松重もじっと見守り、どこか不思議な空気感が会場を包み込む中、カズレーザーは「今年で一番謎な仕事でした」とユーモア交じりにコメント。松重も「俺もやらなきゃいけないのかなと。(龍踊りの時に)いじられたらどうしようと思っていたら、何もなかったですね」と笑顔を見せた。

 また松重は、先日11月22日に一般男性と結婚したばかりの安藤に「安藤さんとは、10数年前に沖縄で撮影して。その頃はピン芸人さんだったんですけど、いい話し相手になってくださって。それから素敵な相方ができて、人生の相方もできた。安藤さんは絆の一つ一つを掴む人。それが(ヒックとトゥースのような)絆じゃないかなと思います」と祝福の言葉をかけていた。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]