吉田美月喜、横浜流星×清野菜名「シロクロ」で連ドラ初出演!

“天才美少女囲碁少女”に!
“天才美少女囲碁少女”に! - 提供:読売テレビ

 2020年1月12日にスタートする横浜流星清野菜名がダブル主演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系)で、女優の吉田美月喜が連続ドラマ初出演を果たすことが明らかになった。あわせて山口紗弥加山崎樹範中田圭祐祷キララが出演することが発表された。

【写真】<8枚>透明感すごい!美少女・吉田美月喜

 本作では囲碁棋士の川田レンとしての顔も持つ驚異的な身体能力を持つミスパンダ(清野)と、医学生でメンタリストNとして知られる一方で裏でミスパンダを操る「飼育員さん」である森島直輝(横浜)が、世の中のグレーゾーンに“シロクロ”をつけていく。吉田は囲碁の中学生チャンピオンでレンをライバル視する“天才美少女囲碁少女”の東山楓役を担当する。

[PR]

 初の連ドラ出演に吉田はかなり緊張しているそうだが「吹っ切って全力で楽しんで演じようと思っています」とコメント。楓については「頭がよく天才棋士と言われるほど囲碁の実力があるのですが、自分のことを『天才美少女囲碁少女』と自信満々に言ってしまうようなかなりぶっ飛んだ子です」と紹介し、「見ていてクスッと笑えてどこか憎めないようなそんな子にしたいです」と続けている。

 今年は短編ドラマ「僕たちは泳がない」でドラマ初主演を担った吉田。「シロクロ」については「私自身も普段生活している中で、世の中のグレーな部分を無意識に流してしまっている部分があると思います。だからこそ、改めて考えさせられるドラマだと思いました」と話し、「キャスト、スタッフの皆さんとたくさんコミュニケーションを取りながら、多くのことを学び、精一杯がんばります!」と意気込んでいる。

山口紗弥加
提供:読売テレビ

 山口は川田レンの母親・川田麻衣子、山崎は直輝のゼミの教官・門田明宏、中田は直輝の大学のゼミ仲間・小園武史、祷は同じくゼミ仲間の前川雪乃を演じる。(編集部・海江田宗)

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は日本テレビ系1月12日より毎週日曜22時30分~23時25分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]