嵐、Netflixでドキュメンタリーシリーズ世界配信!活動休止まで毎月

「ARASHI's Diary -Voyage-」キーアート
「ARASHI's Diary -Voyage-」キーアート

 来年末で活動を休止することを発表している相葉雅紀松本潤二宮和也大野智櫻井翔)のオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI's Diary -Voyage-」が、ストリーミング大手のNetflixで世界配信されることが明らかになった。2019年12月31日(午後5時)から第1話の配信がスタートし、約1年間にわたって、毎月配信を予定している。

【動画】「ARASHI's Diary -Voyage-」予告編

 1999年にデビューし、CDセールス約4,000万枚以上、コンサート動員数約1,400万人以上という大記録を樹立してきた嵐。人気絶頂の中、なぜ彼らは活動休止という道を選んだのか。「ARASHI's Diary -Voyage-」では、メンバーたちの休止までに掛ける想い、揺れ動く想い、そしてリアルな姿を、2020年12月31日の活動休止まで描き出す。配信は不定期で、エピソード数は20話以上を予定している。

[PR]

 配信決定に合わせてキーアートと予告編も公開。これまでのアーカイブに加え、メンバーたちの今の素顔を捉えた映像を取り入れたシリーズになるようだ。有料会員数が1億5,800万人を突破するNetflixのネットワークを生かし、英語、フランス語、ドイツ語、さらにヘブライ語、アラビア語など28か国語の字幕付きで、世界190か国に配信される。

 デビュー時に「世界中に嵐を起こす」と宣言した嵐が、世界に送るドキュメンタリー。配信スタートを前に、松本潤は意気込みを語っている。「20年活動してきた僕らが、2020年末で活動休止するのは何故か。そして、僕らがその時『何を思い、何をしたか』その瞬間を一年間、伝えていきたいと思います。僕自身、どんなドキュメンタリーになるのか今は想像がついていませんが、嘘偽りのない僕らがそこに映っています。Netflixと組むことで世界190カ国、28の言語の字幕付きの配信が実現しました。今まで僕らを知らなかった方にも、『日本にはこんなエンターテインメントがあったんだ』と興味を持ってもらい、日本の文化や人間性に触れてもらうきっかけになったら嬉しいです」(編集部・入倉功一)

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ「ARASHI's Diary -Voyage-」は2019年12月31日(火)よりNetflixにて全世界独占配信

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]