『スター・ウォーズ』完結編、吹き替え声優発表!若本規夫、島田敏、高島雅羅らレジェンド集結

『スター・ウォーズ』完結編にふさわしい声優陣!
『スター・ウォーズ』完結編にふさわしい声優陣! - (C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9にあたる完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の吹き替え声優が発表され、若本規夫(ランド・カルリジアン役)、島田敏(ルーク・スカイウォーカー役)、高島雅羅(レイア・オーガナ役)といったレジェンド声優の参加が明らかになった。

『スター・ウォーズ』キャスト&監督が来日!レッドカーペットイベントの様子【動画】

 『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から語られてきた“スカイウォーカー・サーガ”の結末を描く本作。エピソード6にあたる『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983)以来、約35年ぶりにシリーズ復帰を果たすランドの声を担当する若本は、「長く長くファンに愛されてきた『スター・ウォーズ』シリーズがついに完結すると思うと、泣けてくらぁ。ランド役のビリー・ディー・ウィリアムズさんもまたランド役を演じると聞いた時は、まさかおいらも演じることになるとは思わなかったぜよ」と感慨深げ。「ランド・カルリジアンを再び演じることができて光栄ではあるが、お互いじじいになりましたとさ……。予告編のランドとチューバッカのミレニアム・ファルコンに乗っている姿を見ただけで、当時の記憶がジワァーっと蘇り少年に戻ったような気持ちになったよなぁ。ランドの活躍にもどうぞご期待ください」とコメントしている。

[PR]

 前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に引き続きルークの声を担当する島田は、「それぞれのストーリーが見事に紡ぎあい、ピッタリはまっていく興奮と快感に期待したいです。ファンの皆様と同じく、公開日を最大のワクワクドキドキ感で待っています。若きルーク・スカイウォーカーから歳月が流れ、完結編を迎えるにあたって、この超超雄大な作品に携われたことを誇りに思っています。『スター・ウォーズ』永遠なれ!!!」とシリーズ完結へ期待を寄せる。

 また、『最後のジェダイ』に続いてレイア役を務める高島は「ストーリーが終わるなんて信じられません。美しさと力強い性格を持った聡明なレイア姫と呼ばれていた頃から年齢を重ねて、その強さに加え心の優しいチャーミングで思いやりのあるリーダーでありレジスタンスの将軍レイア・オーガナへと……。30年以上にわたって、この魅力的なキャラクターを演じさせて頂けたことに感謝しています」と心境を明かす。『ジェダイの帰還』でカーボンフリーズ(炭素冷凍)状態のハン・ソロを救出すべく奮闘するルークたちの姿が印象深いそうで、「壮大な冒険を通して、絆が強くなっていく瞬間を感じてもらえれば……。そして、出来るならば、ソロやルークや懐かしいキャラクター達との場面を観てみたいです」と語っている。

 その他、永宝千晶(レイ役)、津田健次郎(カイロ・レン役)、杉村憲司(フィン役)、小松史法(ポー・ダメロン役)、岩崎ひろし(C-3PO役)といったお馴染みのメンバーが続役。また、本作から新たに甲斐田裕子(ゾーリ役)、金子由之(プライド元帥役)、青森伸(パルパティーン役)が参加する。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]