極悪モンスター上司に復讐!偽装誘拐シーン公開『グリンゴ/最強の悪運男』

『グリンゴ/最強の悪運男』は2月7日より新宿バルト9ほか全国公開(配給:キノフィルムズ)
『グリンゴ/最強の悪運男』は2月7日より新宿バルト9ほか全国公開(配給:キノフィルムズ) - (C) 2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 負け犬人生を歩んできた正直者の男が、極悪モンスター上司にリベンジを試みるクライムコメディー『グリンゴ/最強の悪運男』(2月7日公開)より、復讐(ふくしゅう)の肝となる本編映像の一部が公開された。

【動画】『グリンゴ/最強の悪運男』本編映像

 アカデミー賞主演女優賞を受賞した『モンスター』で製作も手掛けて以来、プロデューサーとしても活躍するシャーリーズ・セロンが製作&出演する本作。正直者かつお人好しで貧乏くじばかり引いてきた男が、一世一代の大芝居で極悪上司に復讐を仕掛けていく。

[PR]

 真面目なサラリーマンのハロルドは、信頼していた上司の裏切りからクビになる運命を知り、妻からも不倫・離婚を言い渡される。これほどのどん底は初めてのハロルド。良心が1ミリもない上司リチャードと己の欲望は必ず叶える性悪女上司エレーンを相手に、生涯初の悪事となる身代金を騙し取る偽装誘拐計画を企てる。

 今回公開されたのは、ハロルドがリチャードとエレーンに偽装誘拐計画を実行するシーン。出張先のメキシコから、自分にかけられた誘拐保険5億円を騙し取るため、偽の脅迫電話を自らかけて誘拐されたと訴える。面白いのは、「犯人に銃を向けられてる!」「よせ、何をする!」「やめてくれ!」と、あたかも暴行されているかのような悲鳴などの音を出して装うハロルドの自作自演ぶり。大金が絡んだ思いがけない事態に本性丸出しでうろたえる上司たちとのコントラストが効いている。

 ハロルドをコミカルに演じるのは、『グローリー/明日への行進』のデヴィッド・オイェロウォ。リチャード役を『ラビング 愛という名前のふたり』のジョエル・エドガートン、エレーン役をシャーリーズが務め、『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・サイフリッド、『クラッシュ』のタンディ・ニュートン、『第9地区』のシャールト・コプリーが脇を固めている。監督は、ジョエルの兄でもあるナッシュ・エドガートン。(編集部・小松芙未)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]