三島由紀夫VS東大全共闘を追うドキュメンタリー3.20公開 ナビゲーターに東出昌大

ポスタービジュアル
ポスタービジュアル - (C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

 1969年の作家・三島由紀夫と東大全共闘の討論会を捉えたドキュメンタリー映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』が3月20日に公開決定。討論会の一部を切り取った特報が公開され、俳優の東出昌大がナビゲーターを務めることも発表された。

【動画】激論!『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』特報

 本作は、1969年5月13日東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた討論会を映し出すとともに、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストなど識者らの三島に関する証言からその全貌に迫るもの。三島は当時、武装化していた東大全共闘ら1,000人を超える学生が集まる討論会に警視庁の警護の申し出を断り単身乗り込み、2時間半にわたる討論を繰り広げた。2019年、その討論会を収めた記録映像のフィルム原盤が倉庫から発見され、高精細映像にリストアすることで蘇った。

[PR]

 メガホンをとったのは、映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』(2010)、『ヒーローマニア -生活-』(2016)などの豊島圭介。東出がナレーションを務めている。東出は三島の長編小説「豊饒の海」を原作とした舞台にも出演。三島を「不世出の天才」と評し、本作にナビゲーターとして参加する意図を「三島と同窓の豊島監督が、どのような視点で映像作品にされるのか、大変興味がありました。『討論 三島由紀夫vs東大全共闘』は以前拝読しましたが、映像作品化される事によってよりスムーズに、この時代、日本人、現代を再考し、発見が生まれる機会が得られる事を期待しております」と語っている。

 出演クレジットには、東大全共闘の芥正彦木村修橋爪大三郎、三島が結成した楯の会1期生の篠原裕宮澤章友原昭弘、平凡パンチ編集者・椎根和、新潮社カメラマン・清水寛、TBS記者・小川邦雄(すべて肩書は当時のもの)のほか、平野啓一郎内田樹小熊英二瀬戸内寂聴らが名を連ねている。(編集部・石井百合子)

1969年伝説の討論会映す『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』特報 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]