働いても金持ちになれないのはなぜ?格差拡大の秘密暴く『21世紀の資本』公開決定

格差はどうして広がるの? 『21世紀の資本』ティザービジュアル
格差はどうして広がるの? 『21世紀の資本』ティザービジュアル - (C)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

 フランスの経済学者トマ・ピケティの世界的ベストセラーを、著者自らの監修により映画化した社会派ドキュメンタリー『21世紀の資本』が、3月20日より日本公開されることが決定した。

 原作「21世紀の資本」(みすず書房)は、ピケティが膨大な時間をかけて収集したデータを基に格差について論じた書籍。日本でも2014年に出版されブームを巻き起こしたが、700ページ以上の超大作とあって、完読が難しいことでも知られている。

 そんな超大作を、著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の観客にも理解ができるように映画化。本で実証した理論を、難しい数式は使わずに映像化しており、映画や小説などポップカルチャーの要素をふんだんに取り入れながら、著名な経済学者とともに、過去300年における世界各国の歴史を、資本の観点から切り取る。

[PR]

 くしくも『パラサイト 半地下の家族』『ジョーカー』『万引き家族』など、拡大する格差をテーマに取り入れた話題作が話題を呼んでいる昨今。 「働いてもお金持ちになれないのはなぜか?」「社会の何を変えなければいけないのか?」を問いかける本作について、ジャーナリストの池上彰は「本も読んでほしいところだが、まずは映画で現実を直視しよう。いくら働いても豊かになれない秘密を映画は教えてくれる」とコメントを寄せている。(編集部・入倉功一)

映画『21世紀の資本』は3月20日より新宿シネマカリテほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]