『パラサイト 半地下の家族』オスカー作品賞ノミネート!韓国映画初の快挙

第92回アカデミー賞

快挙を達成! - 映画『パラサイト 半地下の家族』
快挙を達成! - 映画『パラサイト 半地下の家族』 - (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 13日、第92回アカデミー賞のノミネーションが発表され、ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が韓国映画として初めて作品賞にノミネートされた。それに加えて監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)にも名を連ね、計6部門にノミネートされるという快挙を成し遂げた。

寄生する家族…『パラサイト』フォトギャラリー

 『パラサイト 半地下の家族』は、全員無職で半地下の家で暮らすギテク一家(ソン・ガンホら)が、徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していくさまを描いたブラックコメディー。貧富の差の問題を扱いつつ思わぬ展開の連続で、神がかったレベルでエンターテインメント性と社会性を両立しており、第72回カンヌ国際映画祭での最高賞パルムドール受賞を皮切りに、映画賞レースを席巻してきた。オスカー受賞となるのか、期待がかかる。

[PR]

 最多ノミネートは、DC映画『ジョーカー』で作品賞、監督賞、主演男優賞など11部門だった。(編集部・市川遥)

第92回アカデミー賞授賞式は、2月10日(月)午前8時30分よりWOWOWプライムにて生中継

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]