大倉忠義主演『窮鼠はチーズの夢を見る』6月5日に公開日が決定

公開が楽しみ!
公開が楽しみ! - (C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

 関ジャニ∞大倉忠義が主演し、成田凌と初共演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の公開日が6月5日に決まった。原作者の水城せとなによる「窮鼠シリーズ」11年ぶりの完全新作となるよみきり「ハミングバード・ラプソディ」が1月28日発売の「月刊フラワーズ3月号」に掲載されることが発表された。

大倉忠義&成田凌が演じる原作キャラクター【写真】

 水城の傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「爼上の鯉は二度跳ねる」を『世界の中心で、愛をさけぶ』などの行定勲監督が映画化する本作。優柔不断な性格から不倫ばかりしてきた大伴恭一(大倉)の前に、妻から派遣された浮気調査員として卒業以来会っていなかった大学時代の後輩・今ヶ瀬渉(成田)が現れる。恭一は渉から「カラダ」を求められ、一途なアプローチを受ける。

[PR]

 水城による新作のよみきりは「窮鼠はチーズの夢を見る」の番外編となっており、現在につながる渉の過去に起きたとある出来事が描かれる。4月10日には映画の原作となる「窮鼠」シリーズ2冊をまとめた「『窮鼠はチーズの夢を見る 完全版』(仮)」が発売予定となっている。

 水城は完成した映画をすでに鑑賞済みで「素晴らしい演者さんたちの見逃せない瞬間がたくさんあり、原作にある場面も映画オリジナルの場面も、何度も観たいと思っていただけるようなシーンが満載」とコメントを寄せている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]