声優・平田広明、『ジョーカー』は新たな代表作「プロフィールに追記したい」

主人公アーサーの吹き替えを担当した声優・平田広明
主人公アーサーの吹き替えを担当した声優・平田広明

 アニメ「ONE PIECE」のサンジ役や、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウ役で知られる声優・平田広明が、昨年大ヒットを記録した映画『ジョーカー』のブルーレイ&DVD、デジタル配信に収録される日本語吹き替え版で、主人公アーサーの声を担当した。狂気のカリスマ・ジョーカーへと変貌していく孤独な男性に声を当てた平田が、本作のオーディションやジョーカーの特徴である“笑い”について語った。

芸術的…『ジョーカー』本編ダンスシーン【動画】

 『ジョーカー』はR指定ながら、世界興行収入10億ドル(約1,100億円・1ドル110円計算)を突破し、日本でも興収50億円を超えるヒットを記録。興行面のみならず批評的にも成功を収めており、第92回アカデミー賞では作品賞や主演男優賞(ホアキン・フェニックス)を含む最多11部門にノミネートされるなど、本年度の賞レースを賑わせている。

[PR]

 オーディションでアーサー役を勝ち取った平田は「初めは、『ジョーカー』だと知らされていなかったんです。公開前の映画だとセキュリティー上の関係で、詳細が伏せてあったり、偽のタイトルが付けられていることがよくあります。この作品もそうでした」と振り返る。本作のオーディションでは事前にテスト用の原稿が渡されず、当日に原稿とリハーサル映像を確認するという珍しいケースだったそうで、平田は「バラエティー番組でよくある、目隠しされた状態でワゴンに乗せられるような感覚でしたよ」と表現する。

 劇場公開時は、吹き替え版の上映がなかった本作。大作映画となると、字幕版と吹き替え版の同時公開が一般的だが、平田は「同時上映で吹き替え版がつくとなると、事前に映画館で観ることは出来ないし、素材を渡されてもアフレコ前提で観てしまうので、純粋に作品を楽しめないんです」と打ち明ける。今回は、公開から1週間後にアフレコ収録だったこともあり、平田は劇場で映画を鑑賞してから吹き替えを収録することができた。「作品全体のイメージを掴むのが一番大事」と語る平田は「事前にスクリーンで観たことで、物語の流れやアーサーの心境・心情の変化などを掴めました。色々な情報を、前もって頭に入れることができたのは助かりました」と普段とは違う流れでのアフレコ収録を振り返った。

[PR]
平田広明
藤原啓治や、大塚芳忠ら歴代ジョーカー声優の仲間入りを果たした平田広明

 ジョーカーの特徴の一つとして、狂気に満ちた笑いが挙げられる。平田自身、劇団から声優業に進出するまで、日常生活で声を出して笑うことができなかったそうで「“笑う”ということを、表現のために習得して身に付けました。なので、笑いを客観的に見ていることがあると思うんです」と述懐。劇中でアーサーが笑う“根拠”も掴みやすかったという。「『なんでこの人笑うのかな? どうやって笑うのかな?』というのをかつて自分が声を出して笑ってなかった分、もしかしたら分析できたのかもしれません。ホアキンのお芝居も、すごく緻密に正確に出来上がっていて、説得力がありました。そういった意味でも、(アーサーの)笑いの出どころに関しては一切疑問を抱きませんでした」

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』の破天荒な主人公ジャック・スパロウの吹き替えも担当する平田は、「(アーサーとジャックは)陰か陽かの違いで、ジャックの正常から狂った時の振れ幅は、アーサーのそれとさほど変わらないと思いますね」と両キャラクターを分析。意外にも、ジャック・スパロウの吹き替えをする方が難しいそうで「ジャックなんか、『何考えてるんだろう、この人』みたいに思いながら吹き替えることがよくありますよ」とジョーク混じりに語った。

[PR]

 藤原啓治大塚芳忠らに続いて、歴代ジョーカー声優の仲間入りを果たした平田。「本当に『こんなに話題になるなんて!』って心境になるほど反響が大きくて、吹き替えがこうして大きく取り上げられることはとてもありがたい」と感謝を述べつつ、「ジョーカーという役を頂けて本当に光栄でしたし、間違いなく私の代表作の一つに入ると思います」と明言。自身のプロフィール欄にも、“ジョーカー役”と追加したいそうで「『ジョーカーほか、海賊関係(サンジとジャック・スパロウ)をいくつか』って一括りにしちゃうかも(笑)」とも。社会現象にもなった本作で、吹き替え声優を務めた平田は「この先、何本お芝居を頂けるかはわからない。(プロフィールに)ジョーカーを削っても入れたいと思えるキャラクターに出会えない可能性もあります。でも、『やっぱり吹き替えは違うね』と言われる作品に出会いたいですね」と期待を込めた。(取材・文:編集部・倉本拓弥)

『ジョーカー』ブルーレイ&DVDは1月29日発売、デジタル配信中
2月7日よりIMAX(R)、ドルビーシネマ(一部劇場を除く)にて再上映決定
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
TM & (R) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]