杉山真宏と仲田博喜、実写『LOVE STAGE!!』完成に「何回キスしたか数えて」

杉山真宏と仲田博喜
杉山真宏と仲田博喜

 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズのチームユース所属の若手俳優の杉山真宏と、ミュージカル「刀剣乱舞」の明石国行役として知られる仲田博喜が2日、永田町の星陵会館で行われた映画『LOVE STAGE!!』完成披露イベントに来場し、キスシーンが多いという本作について「何回キスしたか数えて」と語りかけ、会場を沸かせた。

【画像】原作書影

 竹下登元総理の孫としても知られる影木栄貴が原作、「プリンセス・プリンセス」の蔵王大志が作画を担当した人気BL(ボーイズラブ)コミックを実写化した本作。超有名芸能一家に生まれた唯一の凡人で、オタク大学生の瀬名泉水(杉山)が、超人気若手俳優の一条龍馬(仲田)に10年ぶりに再会し、告白されたことから始まるラブコメディーとなっている。そんな本作について、井上博貴監督は、「BLというか、男子同士の話ですが、テーマは純愛だと思って撮りました。あとは役者の魅力ですね。コメディータッチで、ラブコメとしても見どころがあると思いますし、彼らの芝居を楽しんでいただけたら」と自負する。

[PR]

 仲田演じる龍馬は、コミカルでテンションが高い要素が満載の役柄となっている。「テンションを上げるのは大変でしたね」と振り返る仲田に対して、もう一人の主人公・泉水を演じる杉山も「仲田さんがコミカルにされているから、自然とそっちにつられて寄ってしまった部分もあるし。もともと泉水はテンションが高い役なので。そういうのも、仲田さんと一緒にやらせてもらって楽しかったかな」とコメント。さらに仲田が「相性は良かったですね」と続けたが、そのコメントがどこか意味深に聞こえてしまったのか、会場は大いに沸いた。

 さらに本作の見どころについて杉山が「男と男の愛にはいろんな形があるというテーマになっていますが、自分も新しい世界を知ることができたというか。仲田さんとも監督とも精いっぱい作った作品。見どころは全部なので、たくさんの方に観てほしいなと思います」とアピールすると、仲田も「この作品ではキスシーンが多いんで、キスをしていくなかでの感情の変化なども見ていただきながら、そのあとは何回キスしたか数えていただければと」と笑いながら付け加えた。

 また本作には、泉水の兄・瀬名聖湖役として、原作者の影木の実弟であるDAIGOが特別出演している。この日のイベントの司会を務めたお笑い芸人で俳優のオラキオは「DAIGOさんそのままだなと。実際に音楽をやっているボーカルの方という感じがしましたね」としみじみ語るひと幕があった。(取材・文:壬生智裕)

映画『LOVE STAGE!!』は2020年劇場公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]