佐藤大樹&橋本環奈『小説の神様』主題歌はE-girlsの鷲尾伶菜!ソロ初のシングル曲

場面写真も公開に!
場面写真も公開に! - (C) 2020「小説の神様」製作委員会

 佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演映画『小説の神様 君としか描けない物語』(5月22日公開)の主題歌に、ダンス&ボーカルグループ・E-girls鷲尾伶菜によるソロプロジェクト“伶”の新曲「Call Me Sick」が採用されたことが明らかになった。2020年中をもってグループ解散を発表したE-girlsの鷲尾にとって、ソロプロジェクト“伶”としてシングル曲を発表するのはこれが初となる。

佐藤大樹&橋本環奈の制服姿【写真】

 相沢沙呼の人気小説を実写映画化する本作は、中学生で作家デビューしたものの、自分を見失ってしまった売れない高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、そのクラスメイトでヒット作を連発するドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)が、まさかの共作で大ベストセラーを目指す青春物語。

[PR]

 本作の主題歌に決定した「Call Me Sick」は、夢中になれる時間は今しかないと無我夢中で頑張る姿や不安な気持ちをエネルギーあふれる歌詞で描いたポップな応援ソング。鷲尾は「初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです! ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています」と喜びを語っている。

 “伶”は本編の冒頭の象徴的なシーンとクライマックスで流れる挿入歌「こんな世界にしたのは誰だ」も担当。加えて、佐藤と同じくLDHに所属するLeolaと2018年の LDH Presents THE GIRLS AUDITION でグランプリを獲得した新人アーティストの琉衣が挿入歌を歌う。

 あわせて、佐藤と橋本の姿を捉えた場面写真も公開された。小説を共作していくことが決まり、一也と詩凪が初めて物語について話し合っていくシーンで、数多くのMVを手掛けてきた久保茂昭監督ならではの美しい画が味わえる。(編集部・吉田唯)

コメント全文

■鷲尾伶菜
・本作の主題歌に起用された感想
ソロとして皆さんに聴いていただける最初のきっかけが、映画『小説の神様』の主題歌と聞き、本当に嬉しかったです。この映画に少しでも花を添えられるよう精一杯曲を届けたいと思います!

・楽曲に込めた思い
映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!

[PR]

・ソロデビューして初の新曲となることへの意気込み
初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです!ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています。
映画のエンドロールに合わせて選曲したので、主人公二人の感情に寄り添って聴いてもらえたらと思います。

■久保茂昭監督
・楽曲起用理由
原作を読んだ時から頭の中に女性アーティストの声が響きました。
鷲尾さんの恋心に憑依したような切ない歌声がすごく好きで、一也の気持ちを歌えるのは彼女しかいないと思いました。彼女の歌声が持っている切ないところ、ピュアだけど未熟なところが、本作にピッタリだと思ったので、本人に直接会って「冒頭、鷲尾さんの声から始まりたい、あなたの声で物語の全体が入ってくるんだ」と僕から強くお願いしました。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]