本郷奏多、出演の実写ムービーゲームに自信! 山本千尋も「新しい自分を発見できた」と充実感

左から、森崎ウィン、栗山千明、本郷奏多、梶裕貴、山本千尋
左から、森崎ウィン、栗山千明、本郷奏多、梶裕貴、山本千尋

 俳優の本郷奏多が6日、新宿バルト9にて行われた本格実写ムービーゲーム「Death Come True(デスカムトゥルー)」のプレス発表会に栗山千明森崎ウィン梶裕貴山本千尋と共に出席。本郷は映画とゲームが融合した新ジャンルの企画に自信をのぞかせた。

【写真】本郷奏多、山本千尋ら登壇!(イベントの様子)

 本作は、プレイヤーの選択によってストーリーが展開し、複数のエンディングが用意された、映画とゲームを融合させたインタラクティブコンテンツ。連続殺人事件の犯人として指名手配され、死ぬとタイムリープして過去に戻る能力を持つ主人公・カラキマコト(本郷)が、真実を目指して行動する。「ダンガンロンパ」シリーズの小高和剛がシナリオとディレクションを務める。

[PR]

 プレイヤーがストーリーに訪れる分岐点を選択することで結末が変わってくる作品。本郷は「いままでの映画やゲームでは得られなかった没入感が味わえる」と見どころを語ると「小高さんの脚本は、ゲームにすることもできたと思うのですが、あえて実写にしたということは、僕らにはCGで表現できないお芝居が求められているのだと思って演じました」とハードルを上げて撮影に臨んだという。

本郷奏多

 「通常の映画の台本とは違って、選択によっていろいろとストーリーが飛ぶので、頭のなかを整理するのが大変でした」と本郷は苦労した撮影を振り返るが「小高さんにこういうジャンルを書かせたら、日本一の天才だと思う。衝撃を受けるところがたくさんあった。すごく面白い」と期待をあおる。

 だからこそ、制作陣から販売価格が1,900円と発表されると「すごくお買い得だと思うのですが、大丈夫ですか?」と不安げな顔を見せる。すると本作が映画でありゲームであるというコンセプトのもと、映画の料金である1,900円に価格設定されたと聞くと、登壇者たちは納得した表情で大きく頷いていた。

[PR]
山本千尋

 また、ホテルにたまたま宿泊していたエキセントリックな女性・クルシマネネ役を務める山本は「素晴らしいスタッフと豪華なキャストの方々とご一緒させていただき、本当に楽しい時間を過ごすことができました」と感謝を述べると「わたしが演じるクルシマネネは殺人マニアで、カラキマコトの大ファンという役。台本を開いたらすぐ閉じたくなるぐらい、狂っています」と役柄について説明。

 それでも「大変な撮影でしたが、苦労よりも楽しさが勝っていました」と語ると「この役と出会えて新しい自分を発見できたような気がします」と前向きにとらえていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]