「麒麟がくる」玉置玲央、2度目大河で存在感発揮

第五回「伊平次を探せ」で伊平次を演じた玉置玲央
第五回「伊平次を探せ」で伊平次を演じた玉置玲央 - (C)NHK

 16日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第五回「伊平次を探せ」のキーパーソンとなった、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を演じた玉置玲央(たまおき・れお)に注目してみた。(※一部ネタバレアリ)

【写真】玉置玲央が死刑囚を演じた大杉漣さんとの共演作

 第五回は、明智光秀(長谷川博己)が斎藤道三(本木雅弘)より命を受け、第一回で手に入れた鉄砲の作り方に加え、将軍家が鉄砲を大量に必要としている理由を探るため、再び京都を旅するさまが描かれた。本エピソードでは、光秀が三淵藤英(谷原章介)、松永久秀(吉田鋼太郎)らと再会。足利義輝将軍役の向井理、将軍奉公衆・細川藤孝役の眞島秀和らが初登場し、華やかな顔ぶれが集結した。

[PR]

 伊平次は、将軍家も血眼になって探している美濃出身の鉄砲鍛冶。関で刀鍛冶の修行を積むが、酒癖の悪さからどの鍛冶屋でも長続きせず、近江・国友村に流れ、そこで鉄砲作りの腕を買われて京に移ったという設定。光秀はこの伊平次の行方を追って右往左往。思わぬところで遭遇したのち、光秀と意外な縁があることも判明した。

 演じる玉置にとって大河の出演は「真田丸」(2016)以来2度目。「真田丸」では明智光秀の謀反により生涯を終えることになる織田家の子供、織田信忠を演じていたが「麒麟がくる」では一転して、その光秀に結果的に力を貸すことになるキャラクターに。

 第五回では主に長谷川博己、吉田鋼太郎との共演となったが、玉置は撮影を以下のように振り返っている。「お二人とも以前から面識がありましたし、鋼太郎さんは舞台と『真田丸』でも共演していたので非常に感慨深かったです。長谷川さんとは初めての共演でしたが、作品を背負う強い背中とでも言うのでしょうか。現場でのいでたちの力強さと、それでいて時に柔和な演技の振れ幅にただただ圧倒されていました。こちらからの勝手な想いではありますが、撮影を安心してしかも楽しんで乗り切れたのは、心底信頼している両氏の存在があったからでした」。なお、吉田は「真田丸」では織田信長を演じていた。

[PR]

 本放送後、玉置は自身のTwitterに「『真田丸』で敵だった明智光秀と旧知で、更に父親だった人とやりとりするっていう大河パラレルが個人的にエモかったです笑」と投稿。伊平次は、23日放送の第六回「三好長慶襲撃計画」にも登場する。

 切れ長の瞳が特徴的な玉置は抜群の身体能力を備え、劇団「柿喰う客」の中心メンバーとして活躍。2018年公開の映画『教誨師(きょうかいし)』では故・大杉漣さん演じるプロテスタントの牧師をゆさぶる死刑囚役で強烈な存在感を残し、第73回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。現在放送中のNHKドラマ「伝説のお母さん」(毎週土曜夜11時30分~)では、前田敦子演じるヒロインの頼りない夫を好演している。

 なお、今年6月には吉田鋼太郎演出の舞台「ジョン王」を控えている。女性の登場人物を含む全ての役を男性キャストが演じる“オールメール”公演となり、玉置は女性役で出演する。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]