波瑠、衣装合わせだけで9時間かかった主演作「遊川組の洗礼かな」

優しい笑顔を見せた波瑠
優しい笑顔を見せた波瑠

 女優の波瑠が19日、都内で行われた映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』完成披露試写会に出席。1人の女性の30年間を演じた波瑠は、衣装合わせだけで9時間もの時間を要したことをはじめ、並々ならぬ覚悟で作品に挑んだことを明かした。試写会には成田凌岡田健史小澤征悦黒木瞳遊川和彦監督も出席した。

成田凌、岡田健史のスーツ姿がカッコいい!【イベント写真】

 本作は、「家政婦のミタ」「同期のサクラ」などの脚本家である遊川がメガホンをとったラブストーリー。高校時代に運命的に出会った結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田)の30年に渡る恋愛模様を、3月の出来事だけで紡ぐ。

[PR]

 1人の女性の学生時代から約30年間を演じた波瑠。メガホンをとった遊川監督とは、役柄に対してかなりの意見をぶつけ合ったようで、共演の成田は「どちらも正義。交わるのが大変そうだなと思った」と二人の姿を見ていたという。波瑠は「まず衣装合わせで9時間かかりました。遊川組の洗礼かなと思ったぐらい」と監督のこだわりの深さをしみじみ語ると、遊川監督は「30年分あるからしょうがない。でもさすがにヘトヘトになったね」と楽しそうに回想する。

 遊川監督は「あくまで外野から見た印象」と前置きをしつつ「正しいと思ったらはっきりとものを言うイメージ。そのため誤解されてしまうこともある人なのかなと思っていた」と波瑠の印象を述べると、「そんな性格が弥生に似ていると思ったので、彼女が演じれば嘘がないと思った」とオファーした理由を明かす。すると波瑠も「なんでも言い合える、とても風通しの良い関係でした」と良い作品を作るために、真剣に意見を言い合える現場に感謝していた。

 充実した撮影だったようだが、実はオファーを受けたとき波瑠は「弥生という役の純粋さはハードルが高い」とためらい、断ろうと思ったという。しかし、ここでも遊川監督と本音をぶつけ合えたことで「監督と仕事がしたい」と気持ちが変わり、出演を決めた。

[PR]

 「約1年前に撮影した映画が、こうしてようやく皆さまに届けられるようになりました」と感無量な表情を浮かべた波瑠。「予告を観ただけでも、弥生のことを思い出して泣いてしまいました。改めて本気で作品に打ち込んでいたんだなと実感できました」と満足そうな表情を浮かべると、「弥生と太郎の運命を信じて過ごした30年間が、なにか皆さんの背中を押すきっかけになれば」と作品に込めた思いを語っていた。(磯部正和)

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』は3月20日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]