「麒麟がくる」新キャストのユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗ら手応え明かす

ユースケ・サンタマリア、大河初出演
ユースケ・サンタマリア、大河初出演

 19日、大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)新キャスト発表&スタジオ取材会がNHK放送センターにて行われ、「越前編」から登場する朝倉義景役のユースケ・サンタマリア、明智左馬助役の間宮祥太朗、近衛前久役の本郷奏多、柴田勝家役の安藤政信、そして主役・明智光秀を務める長谷川博己が出席。今回発表された4人は、すべて初の大河ドラマ出演ということで、熱い胸の内を明かした。

【写真】本郷奏多、ユースケ・サンタマリアら大河ドラマ初出演の4名!

 父でもあり、兄でもあり、師でもあった主君・斎藤道三(本木雅弘)に別れを告げた明智光秀一族は、第18回放送より、越前に逃れる。その「越前編」で出会う新キャストたちが発表された。光秀がやってきた越前を支配する戦国大名・朝倉義景にふんするユースケは「初めての大河ドラマ。本番前にリハーサルをしたのですが、うまくつかめず、暗中模索のなかでのクランクインでした」と振り返る。「正直、長谷川くんと一日撮影をしたのですが、結局なにもつかめなかった。でも監督からは『すごく良かった』と言われたので、つかみどころがないような感じがよかったのかも」と自画自賛していた。

[PR]

 光秀の叔父・明智光安(西村まさ彦)の嫡男で、光秀のいとこにあたる明智左馬助を演じる間宮は、すでにクランクインから3か月が経過しているが、ユースケの発言を受け「僕もまだなにもつかめていません」と苦笑い。それでも「ずっと名前を伏せたまま過ごしていたので、ようやく発表されてすがすがしい気持ちです」と述べると「僕は光秀についていく役。役どころもそうですが、右も左もわからない初めての大河ドラマの撮影のなか、長谷川さんにいろいろと教えていただいています」と感謝していた。

左から安藤政信、間宮祥太朗、長谷川博己、ユースケ・サンタマリア、本郷奏多

 織田家譜代の家臣・柴田勝家役の安藤は「大河ドラマ自体観たことがなかった」とぶっちゃけると「知識のないなか、漠然と大河ドラマというのは、役者にとって戦場であり成長の場なのかなと思っていました」とコメント。主演の長谷川とは映画で共演したことがあり「久々の再会でしたが、やっぱり格好いいなと思いました。しっかり僕のことも覚えていてくれて、すてきな座長だなと……。この作品にかける思いは誰よりも強いと思うので、僕も泥を塗らないように頑張りたい」と意気込む。

[PR]

 初大河に臨む共演者にアドバイスを求められた長谷川は「そんな身分ではありませんよ」と恐縮していたが「光秀は受けの存在。周りが攻めてくださることで、その力を違う人に渡せる。存分にやっていただきたい」と全力で受け止めることを誓っていた。

長谷川博己とユースケ・サンタマリア

 この日は4人のほか、新キャストとして家康の母(於大の方)の生母・源応尼(華陽院)役を真野響子、駒(門脇麦)の灸の患者で、駒に丸薬の作り方を教える老人・芳仁役をベンガルが担当することが発表された。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]