広瀬すず、デスメタル女子役で「やさぐれ精神が出た」

広瀬すず、デスメタル女子役
広瀬すず、デスメタル女子役

 女優の広瀬すずが24日、東京・イイノホールで行われた映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の完成披露ミサに出席。劇中、広瀬はハードなメタルファッションを身にまとい父親に向かって「一度死んでくれ!」と言うなどファンキーな役柄を演じたが「自分のなかのやさぐれ精神をバンと出しました」と笑顔で語った。イベントには、吉沢亮堤真一リリー・フランキー小澤征悦嶋田久作木村多江松田翔太浜崎慎治監督も登壇した。

【写真】広瀬すず&吉沢亮、美男美女過ぎ!

 本作は、『犬と私の10の約束』『ジャッジ!』などの澤本嘉光のオリジナル脚本を、auのCM「三太郎」シリーズなどを担当してきた浜崎監督で映画化したコメディー作品。父親のことが大嫌いでいまだ反抗期を引きずっている女子大生でデスメタルバンドのボーカルを務める七瀬(広瀬)が、「2日だけ死んじゃう薬」を飲んで死んでしまった父親・計(堤)を取り巻く陰謀に挑む姿を描く。

[PR]

 広瀬は「現場に行ってみないと役の感じがわからなかったので、とにかく攻撃的にいこうと思っていました」と演技プランを明かすと、父親役である堤に対しては罵詈雑言を浴びせるシーンもあるが「わたしのなかにあるやさぐれ精神をバンと出た感じで、発散したような気分でした」と撮影を振り返る。

『一度死んでみた』キャスト&監督

 浜崎監督は「もともとそういう人かなと思うぐらいハマリ役でした」と広瀬を絶賛すると、堤も「初共演でしたが、革のジャンパーもすごく似合っていて、普段からそういう人なのかなと思って怖かった」と迫真の演技に太鼓判を押していた。また堤は、自身にも娘がいることを引き合いに出し「いずれ(劇中のように)娘から言われるんだろうなと思っていたので、いちいち怒らず、傷つかずにいようと自分に言い聞かせていました」と発言し、会場を笑わせていた。

 誰もが認めるイケメンとして認知されている吉沢が演じた松岡は、そこにいることに誰も気づかないという影の薄いキャラクター。「表面的な部分では前髪で目を隠したり、姿勢を悪くしたりして作りましたが、内面はほぼ素の吉沢亮でした。僕はめちゃめちゃ暗いので」と自虐トークで客席を盛り上げていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]