田辺誠一、妻・大塚寧々の前で“画伯”っぷり披露

いい恐竜だな~!
いい恐竜だな~!

 俳優の田辺誠一大塚寧々が22日、都内で行われた映画『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』公開記念舞台あいさつに夫婦で登壇。味のあるヘタウマな画力で“画伯”と称され、自身が手がけたキャラクターがグッズ化されたこともある田辺は、妻・大塚の前で画伯ぶりをいかんなく発揮し、イベントを盛り上げた。この日は、小林快次(監修)、植田和貴監督も来場した。

【動画】恐竜大きい!『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』予告編

 世界中の研究者に最新の研究成果を取材し、NHKのVFXチームと日本のトップクリエイターが共同でつくり上げたCG映像により、常識を覆す新しい恐竜世界を表現した本作は、NHKの人気自然番組「ダーウィンが来た!」の劇場版。

[PR]

 ナレーションを務めた田辺は、たくさんの子どもたちが集まった会場を見渡し、「令和2年2月22日、ニャーニャーニャーの日ですが、恐竜(映画)をさっそく観ていただけてすごいうれしいです」とあいさつすると、「『ダーウィンが来た!』は観ていたので、うれしかったです。(番組のCGマスコットキャラクターの)ヒゲじいと会話できたのが一番うれしかったです」とナレーターに抜てきされた喜びも吐露。録音時には「恐竜がいる世界のダイナミックな感じ、その頃の地球のエネルギーみたいなものに沿った声にできればなと思っていました」と振り返った。

 大塚は「恐竜をこんなに身近に感じたことや、愛おしいと思ったことはなかったですし、お話をいただいたときはワクワクしてうれしかったです」と笑みをこぼすと、「できるだけわかりやすくハッキリ(しゃべる)というのと、世界観を壊さないようにニュートラルな声のトーンにしようと思いました」と回顧した。

 試写後の感想として、「夫婦なので話す速度が似ているなと思いました」と大塚が話すと、田辺も「(劇中、場所や世界観が変わっても)一個につながっている感じには何となくできたのかと思っています」と自信をのぞかせた。

[PR]
ダーウィンが来た

 イベント後半では、田辺が「いたらいいな」と思う恐竜を描くことに。1頭目は「恐竜ザウルス」で、弱そうな見た目にもかかわらず「強いよ~」という吹き出しつき。田辺画伯は最初、「名前からして最強です」と無理のある説明をするも、最終的には「先に負けを認める」という特徴を明かし、“戦わないから生き残れる。だから強い”という補足をして、会場を納得させた。

 2頭目は子どもたちのために「宿題食べるザウルス」を考案。植田監督は「続編がつくれたら主役で登場させたい。一度見たら忘れられない、感情移入できそうな恐竜」と絶賛。田辺も「CGになりますか?」とやる気を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』は全国公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]