敵味方を越え…「麒麟がくる」豪華キャストの大立ち回りに視聴者大興奮

第六回「三好長慶襲撃計画」より
第六回「三好長慶襲撃計画」より - (C)NHK

 23日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第六回「三好長慶襲撃計画」で、主演の長谷川博己をはじめ吉田鋼太郎谷原章介眞島秀和山路和弘ら豪華な顔ぶれがズラリ登場した立ち回りシーンが話題を呼んでいる。(※ネタバレあり。第六回の詳細に触れています)

【写真】前回のキーパーソン

 前回・第五回で知り合った腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)から、松永久秀(吉田)と三好長慶(山路)にまつわる物騒な噂を耳にした明智光秀(長谷川)。それは、将軍・足利義輝(向井理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)が家臣である長慶の暗殺を企てているというもの。京の町の安寧が崩れることを恐れた光秀は、一目散に三淵藤英(谷原)に直談判し、長慶、久秀の救出に向かう。

[PR]

 そもそも、長慶と足利将軍家は対立関係にあり、とりわけ久秀と藤英は度々顔を合わせては嫌みの応酬を繰り広げる犬猿の仲。初めは光秀の申し入れを断固拒否する藤英だったが、京の安寧を守るためにはここは共闘すべきではないかという光秀の迷いのなさ、熱い主張に義輝が心を動かされることに。第六回は、光秀を演じる長谷川のヒロイックな魅力が際立つエピソードとなった。

麒麟がくる
光秀(長谷川)と藤孝(眞島)の会話シーンも胸アツ

 そして第六回の最大の見せ場となったのが、晴元の軍に対抗する久秀、三好、光秀、細川藤孝(眞島)の立ち回り。真っ赤に染まった紅葉が足元を埋め尽くしたこの場面は、それがまるで「血」のように見える画になっており、視聴者の間では緊迫感がありながらも美しい名シーンとして話題沸騰。京を守るために敵味方を越え一丸となって戦う強者たちの戦い、そして、光秀と彼の崇高な信念に感銘を受けた藤孝の間に生まれた絆も胸を打った。

[PR]

 久秀役の吉田は、この大立ち回りシーンに「はじめての大がかりな立ち回りでしたので、わくわくしたり、緊張したりしていました。僕らは立ち回りについては素人なので、リハーサルでは、(立ち回り専門の)アクションチームの方たちが割と動きをこちらに合わせてくれるのですが……本番になったとたん、動きの速さが1.5倍になるんですよ! 『おいおい、話が違うじゃねーか!』って(笑)。恐ろしい思いをしましたが、とても楽しかった」とコメント。一方、藤孝役の眞島は「大人数での立ち回りでしたので、とにかく自分がシーンの足を引っ張らないように食らいついていきました。また、何度も共演させていただいている吉田鋼太郎さんも一緒でしたので、緊張感と安心感を持って現場に臨みました」、長慶役の山路は「長い一日でした。当日、殺陣がリハーサルとは随分変わっていたので、目を白黒させてしまいましたが、受け身が殆どの動きでしたので、うーむ……なんとか。2日後。恐ろしいばかりの筋肉痛でございました(笑)」と振り返っている。

麒麟がくる
終盤の光秀(長谷川)と駒(門脇麦)との添い寝シーンも話題に

 吉田は「このシーンでは、長谷川博己さん、谷原章介さん、眞島秀和さんと一緒でしたので、楽屋がとても盛り上がっていました。『みんなで集まれて嬉しいね。飲みに行きたいね』なんて、話をしていました」とも話しており、キャスト同士の仲睦まじさをうかがわせた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]