『新聞記者』が最優秀作品賞など3冠!最多は『キングダム』

第43回日本アカデミー賞

壇上で大喜びする松坂桃李&シム・ウンギョン
壇上で大喜びする松坂桃李&シム・ウンギョン - (C) 日本アカデミー賞協会

 第43回日本アカデミー賞授賞式が6日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、映画『新聞記者』が作品賞など主要3部門で最優秀賞を受賞。最多は『キングダム』の4部門だった。

【写真】深田恭子は大胆ドレス!昨年の日本アカデミー賞

 東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案に、『オー!ファーザー』などの若手監督・藤井道人がメガホンを取った『新聞記者』は、実際の政府を連想させるセンシティブな内容に真っ向から挑んだ意欲作。日本人の父と韓国人の母を持つ新聞記者・吉岡を演じた韓国の実力派女優シム・ウンギョンは最優秀主演女優賞、国民に尽くすという信念と現実の任務の間で葛藤する若手エリート官僚・杉原を演じた松坂桃李は最優秀主演男優賞に輝いた。

[PR]

 最優秀作品賞が発表されると松坂、ウンギョンらは驚きの表情を浮かべながら壇上へ。松坂は「うれしいです。純粋に。ここにはいないスタッフの方々、関係者の方々と一緒に喜びを今すぐにでも分かち合いたい気分です」と笑顔。ウンギョンは「(喜びが)本当に計り知れません。ありがとうございます。何とも言えない気持ちなので、光栄です。ありがとうございます」と感無量の様子で、藤井監督も「本当に、本当にうれしいしか言えない。早くみんなに報告したい」と喜んだ。

 最優秀賞最多は大ヒット漫画を実写化した『キングダム』で、助演男優賞(吉沢亮)、助演女優賞(長澤まさみ)、撮影賞、美術賞の4部門で受賞した。なお、授賞式は新型コロナウイルス感染拡大を受け、一般観覧を取り止め、規模を縮小して開催された。(編集部・中山雄一朗)

第43回日本アカデミー賞の受賞結果は以下の通り。

■最優秀作品賞
『新聞記者』

■最優秀アニメーション作品賞
天気の子

■最優秀監督賞
武内英樹『翔んで埼玉

■最優秀主演男優賞
松坂桃李『新聞記者』

■最優秀主演女優賞
シム・ウンギョン『新聞記者』

■最優秀助演男優賞
吉沢亮『キングダム』

■最優秀助演女優賞
長澤まさみ『キングダム』

[PR]

■最優秀脚本賞
徳永友一『翔んで埼玉』

■最優秀音楽賞
RADWIMPS『天気の子』

■最優秀撮影賞
河津太郎『キングダム』

■最優秀美術賞
斎藤岩男『キングダム』

■最優秀録音賞
久連石由文『蜜蜂と遠雷

■最優秀編集賞
河村信二『翔んで埼玉』

■最優秀外国作品賞
ジョーカー

■新人俳優賞
岸井ゆきの『愛がなんだ
黒島結菜『カツベン!
吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー
鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』
横浜流星『愛唄 -約束のナクヒト-』『いなくなれ、群青』『チア男子!!

■話題賞
作品部門:『決算!忠臣蔵
俳優部門:星野源『引っ越し大名!

※最多受賞数に話題賞、新人俳優賞は含まず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]