映画版『架空OL日記』はドラマと変わらないスケールが肝

映画『架空OL日記』より
映画『架空OL日記』より - (C) 2020『架空OL日記』製作委員会

 近年、脚本家としても上り調子でマルチな才能が注目を浴びるお笑い芸人のバカリズム。その彼が原作・脚本・主演を務めた2017年放送の連続ドラマの映画版『架空OL日記』が公開中だ。本作の映画版ならではの魅力とはどこにあるのか?

『架空OL日記』未公開写真

 乗客をやり直したい過去まで戻すことができる不思議なタクシー運転手を描く「素敵な選TAXI」(2014)、10人の愛人をもつドラマプロデューサーのブラックコメディー「黒い十人の女」(2016)など、シニカルな笑いが光るドラマ脚本を多く手掛けてきたバカリズム。そもそもドラマ「架空OL日記」が生まれるきっかけとなったのが、彼がまだ売れていなかったころに、銀行に勤務するOLに成りすまし、2006年から3年にわたってつづったブログ。のちに書籍化され、連ドラ版は第55回ギャラクシー奨励賞を受賞するなど高い評価を受けた。

[PR]

 ドラマは、バカリズム演じる入行6年目、26歳の「私」を中心に、同期の真紀(夏帆)、先輩の小峰様(臼田あさ美)と酒木さん(山田真歩)、後輩の紗英ちゃん(佐藤玲)が更衣室や食堂、帰り道などで繰り広げるOLトークを描くもので、事件が起きたとしても更衣室のハロゲンが壊れるなどささいなこと。「酒木さんはなぜマツキヨではなくマツモトキヨシと呼ぶのか」など、「あるある(どーでもいい)」な日常描写のほか、ルール、協調性を重んじ強い絆で結ばれた個性豊かなOLたちのたくまし過ぎるキャラクター描写が痛快だ。

 映画版ではシム・ウンギョン石橋菜津美志田未来坂井真紀ら新キャストも参加。しかし、スケールはそのまま。海外ロケや爆破シーンなど大掛かりな仕掛けがあるわけでもなく、ドラマと同じくひたすらいつものOLトークが繰り広げられる。バカリズム自身もインタビューで、「あのまったりした会話を映画館に観に来てくれる人もひっくるめての“狂気”というか、それも面白い試みかなと思います」と語っていたが、実際に鑑賞した人たちには変わらないからこその「安心感」がウケている。

 バカリズムといえば総合求人・転職支援サイト「エン転職」のCMで演じる、大きな耳がトレードマークのサルのようなビジュアルの妖精「Mr.エン」も話題だが、「架空OL日記」シリーズでは等身大のOLを好演。夏帆、臼田ら美女たちの中に溶け込み“女優”としての才能を発揮。ドラマと同様、随所に挿入されるツッコミ的なモノローグにもクスリとさせられる。

 2月4日に行われた完成披露試写会に登壇したバカリズムは、「現場では空き時間もみんなで一緒にお弁当を食べたりして楽しい時間を過ごして、本番と空き時間の差がない空気感だったので、みなさんに思い出ビデオを観せるみたいな恥ずかしい感じ」と和やかな撮影現場を振り返っていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]