ジブリ美術館、4.28まで休館延長 新型コロナ対策とメンテナンスのため

臨時休館を延長した三鷹の森ジブリ美術館
臨時休館を延長した三鷹の森ジブリ美術館 - (C)Museo d'Arte Ghibli

 三鷹の森ジブリ美術館は13日、新型コロナウイルス感染拡大の防止と、5月に予定していたメンテナンスを繰り上げるため、3月17日までの臨時休館期間を4月28日まで延長すると発表した。美術館の再オープン日は、4月29日を予定している。

千と千尋、ラピュタ…企画展示の裏側「手描き、ひらめき、おもいつき」展【画像】

 今回の休館延長は、ジブリ美術館が三鷹市と協議を行い決定したもの。美術館は、公式ホームページで「お客様に安心して来館して頂くために十分な時間を取る必要を感じた故の決定です」と説明。「既にチケットをお持ちの方、早期の開館を心待ちにして下さっていたお客様にはご期待に沿えなくなり、本当に申し訳ございません」とコメントしている。

[PR]

 美術館は引き続き、臨時休館に伴い1月22日から3月30日入場分のチケットの払い戻しを実施している。また、発売を延期していた4月分のチケットは、4月29日と30日の入場分のみを5月入場分のチケットと合わせて、4月10日に発売する予定となっている。

 再オープンは4月29日を予定しているが、美術館は「今後の世の中の状況によっては、前述の日付が変更になることも予想されます」としており、変更の場合は美術館の公式ホームページ及び公式Twitter、公式LINEなどでアナウンスされる。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]