「麒麟がくる」岡村隆史・菊丸の正体判明!

やっぱり只者じゃなかった菊丸(岡村隆史)
やっぱり只者じゃなかった菊丸(岡村隆史) - (C)NHK

 15日に放送された「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第9回「信長の失敗」で、謎に包まれていた岡村隆史演じる菊丸の正体が判明し、制作統括の落合将がコメントを寄せた。(※ネタバレあり。第9回の詳細に触れています)

【写真】若い!岡村隆史、ユン・ピョウら出演の2001年のアクション映画

 織田信長(染谷将太)の盟友となり後に「本能寺の変」で信長を討つ智将・明智光秀(長谷川博己)の、謎めいた前半生に焦点を当てた本作。岡村演じる菊丸は、第一回「光秀、西へ」で初登場。光秀が野盗にとらわれていた菊丸を救って以来、敵か味方かわからないが度々光秀の周囲に出没して危機を救っていた。第四回「尾張潜入指令」で、瀕死の重傷を負ったという織田信秀(高橋克典)の容体を探るべく尾張に向かった光秀のお供に加わった際にも、その道中で明らかに「只者ではない」そぶりをみせ、ネット上で「何者なのか」と話題になっていた。

[PR]

 菊丸は、元は三河出身の農民という設定で、岡村は「菊丸にはちょっと謎な部分もある気がして……それについてスタッフさんに聞いてみたのですが、みんな目をそらして誰も教えてくれません(笑)。『歴史の勉強はしなくて大丈夫です』『そのままでいいです』と言われています」とミステリアスなキャラクターに触れていたが、第9回でついに正体が明かされることとなった。

 制作統括の落合は、その菊丸に対して以下のように解説している。「その正体は、竹千代(徳川家康)の実母・於大とその実兄・水野信元に仕える忍びです。水野兄妹の命を受け、情勢に翻弄された悲運の少年・松平竹千代に害が及ばぬよう、影で竹千代を守り続けます。その眼の奥には、自らの生まれ故郷・三河へのあくなき愛があります。駿河と尾張の狭間で翻弄される悲しき三河の民を、岡村さんが全身全霊で演じてくれています。家康が本役・風間俊介さんになってからも、陰になり日向になり、家康を全力で守っていきます。正体が明かされた菊丸を、今後ともよろしくお願いいたします!」

 岡村は本作が大河ドラマ初出演。今後の光秀と菊丸との絡みにも注目したい。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]