コミコン・インターナショナル、現状は予定通り7月開催

昨年の「コミコン・インターナショナル」
昨年の「コミコン・インターナショナル」 - Daniel Knighton / Getty Images

 7月23日から26日にかけて、アメリカ・サンディエゴで開催予定のポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」について、運営は現地時間1日、現状は予定通り開催する方向で動いていることを公式Twitterでアナウンスした。

心躍るアイテムがズラリ!昨年の展示内容【画像】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本だけでなく世界でも大規模なイベントが続々と中止または延期となっている。3月13日から開催予定だった、映画や音楽の祭典サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)は中止に。今月10日から12日にかけて、米・アナハイムで開催する予定だった映画・コミックの祭典ワンダーコンも延期となってしまった。

[PR]

 すでに、7月開催予定のイベントも延期等の判断が下され始めているが、コミコンの運営側は「7月に、みんなでSDCC2020(コミコン・インターナショナル2020」)の開催を祝うことができるのを願っているのは、私たち以外にいません」とツイート。今後も地元当局と状況を慎重に判断し、随時SNSなどで情報を更新していくという。

 また運営は、コミコンを待ち望んでいるファンに向けて、『スーパーマン』(1978)などで主人公クラーク・ケントを演じたクリストファー・リーヴの名言「A hero is an ordinary individual who finds strength to persevere and endure in spite of overwhelming obstacles(ヒーローとは、圧倒的な障害にあっても努力を惜しまず、忍耐する強さを見つける普通の人間である)」を引用する形でメッセージを送っている。

 世界各国からファンが集結する「コミコン・インターナショナル」。昨年は、マーベル・スタジオが『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』をはじめとする、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ4のラインナップを発表。さらに、『トップガン マーヴェリック』より主演のトム・クルーズがサプライズ登場して会場を沸かせていた。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]