今夜、松重豊の猫村さん登場!見どころは?

「きょうの猫村さん」より
「きょうの猫村さん」より - (C)テレビ東京

 本日(8日)より放送開始となるミニドラマ「きょうの猫村さん」(毎週水曜深夜0時52分~58分放送・全24回)を前に、身長188センチの松重豊が挑む猫の家政婦・猫村さんをはじめ、見どころを振り返ってみた。

実写「きょうの猫村さん」10人のキャラクタービジュアル<原作と比較>

 本作は、2003年7月よりネット上で連載され、コミックの売り上げが累計330万部に上るほしよりこの人気漫画に基づく1話2分30秒のミニドラマ。主人公の猫村ねこ(松重)が、自分を拾ってくれた元飼い主のぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、裕福だが問題を抱える犬神家で家事に奮闘する。

[PR]

 ドラマの予告動画には、松重が歌う主題歌「猫村さんのうた」(作曲・坂本龍一)にのせて、猫村さんと村田家政婦紹介所や派遣先の犬神家、ご近所の人々との交流が収められている。「猫除け」のペットボトルを避けて歩いたり、畳の上でごろごろしたり、毛づくろいをしたりと「まさに猫!」な松重のチャーミングな演技が見られる。「いつかまたぼっちゃんに会えるその日まで! 猫村ねこ、しっかり勤めさせていただきます」と前を向き、きびきびと働く猫村さんの姿にはどこか哀愁が漂う。

 また、猫村さんを取り巻くキャストも豪華。大河ドラマ「麒麟がくる」の織田信長役も話題の染谷将太は、不良中学生の強役で昔ながらのリーゼント姿を披露。31歳の濱田岳が、猫村さんが「ぼっちゃん」と慕う元飼い主の少年に。犬神家の女主人で、胸はシリコン入りの悩める整形美人・冴子に小雪がふんする。そのほか、石田ひかり市川実日子松尾スズキ池田エライザ水間ロン安藤サクラ荒川良々ら芸達者な顔ぶれが集結している。

 そもそも、なぜコワモテ・長身の松重が猫村さんにキャスティングされたのか。テレビ東京公式noteによると、プロデューサーの濱谷晃一は2015年から実写企画を構想。原作者のほしと編集者は実写化に慎重で、キャスティング含めてなかなかGOサインを出さなかったそう。しかし、松重が出演したドラマ「バイプレイヤーズ」の現場で濱谷Pが松重に近い人物から「うちの松重さんで、猫村さんってどう思います?」と言われたことから話は進み、最終的に原作者のほしが「松重さんは、たたずまいが猫村さんみたい」と快諾するに至ったという。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]