『カメ止め』監督&キャスト再結集!完全リモートで短編映画を緊急制作

完全リモート作品に期待
完全リモート作品に期待 - (C) カメラを止めるな!リモート大作戦!

 2018年に異例の大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督とキャストが再集結し、短編映画『カメラを止めるな! リモート大作戦!』が緊急制作されることが決定した。スタッフとキャストが一度も会わずに、完全リモートで完成させる作品となる。

あの興奮をもう一度…『カメラを止めるな!』予告【動画】

 世界中の人々が外出自粛を余儀無くされているなか、上田監督の「明るいエンタメを届けたい」「こんな状況でも作品や仕事がつくれることを示したい」という強い思いから本企画がスタート。ビデオ通話の画面や、キャストがスマートフォンで自撮りで撮影した映像を、上田監督が受け取って編集を行う。作品は制作中で、4月末~5月頭の完成を目指しており、完成次第すぐYouTubeにて無料配信予定だ。

[PR]

 本作の舞台は、新型ウイルスの感染拡大で外出自粛を余儀なくされている日本。自宅待機中の映像ディレクター・日暮(濱津隆之)の元に、笹原(どんぐり)、古沢(大沢真一郎)の両プロデューサーから「今月中に再現ドラマを1本作って欲しい」という無茶ぶりのビデオ電話がかかってくる。「家から出れないこの状況で撮影はできませんよ」と渋る日暮に、笹原は「スタッフキャスト全員、自宅から一歩も出ず、一度も会わず、完全リモートで作ります」と返す。そして、完全リモートでの映像制作が始まる。

 また、本作の未公開映像、監督・キャストからのメッセージ動画が、4月13日にスタートとなるクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」内の特典として提供される。さらに、本作には、一般の方がリモートで参加できるシーンも用意されるといい、詳細や参加の方法については近日中に公式Twitterで発表となる。

 上田監督が脚本・監督・編集を担当。出演は、濱津らのほか、真魚しゅはまはるみ秋山ゆずき長屋和彰市原洋細井学。(編集部・梅山富美子)

上田慎一郎監督コメント

新型コロナウイルスの感染拡大。未曾有の事態に世界中が不安に包まれています。外出自粛要請、感染への不安により「人に会えない」状況が続いています。いま、自分にできること。それはやはり「明るいエンターテイメント」を創って、それを楽しんでもらうことだと思いました。いま下を向いている誰かに前を向いてもらいたい。本作で誰かの暗い気分を少しでも明るくできたらと思います。現在、仕事を失い生活の危機に瀕しているクリエイターがたくさんいます。そんな人たちに「人と会えない状況でも知恵と工夫でものづくりはできる」と前を向いてもらいたい。完全リモート制作の本作が、誰かにとって「新たな仕事を創出するヒント」になればとも思っています。現在、絶賛ドタバタと制作中です。どうぞお楽しみに!

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]