声優・藤原啓治さん死去『アイアンマン』トニー役、「クレヨンしんちゃん」ひろし役など

藤原啓治さんご冥福をお祈りいたします(画像は2016年撮影)
藤原啓治さんご冥福をお祈りいたします(画像は2016年撮影)

 映画『アイアンマン』のトニー・スターク役や、アニメ「クレヨンしんちゃん」の初代・野原ひろし役などで知られる声優の藤原啓治さんが、今月12日にがんのため55歳で亡くなった。16日、藤原さんが代表を務める事務所 AIR AGENCY がオフィシャルサイトで発表した。

藤原さんが吹き替えた『ドクター・ドリトル』本編映像

 藤原さんについて、サイトでは「癌のためかねてより闘病中のところ令和2年4月12日満55歳で逝去いたしました」と発表。通夜および告別式は親族のみで執り行われ「誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」としている。

[PR]

 藤原さんは、2016年8月に病気療養のため休養に入り、野原ひろし役を森川智之にバトンタッチ。その後、2017年6月に体調を見ながら仕事を再開していた。復帰後に初めて担当した映画吹き替えは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のトニー・スターク(=アイアンマン)役だった。

 アニメ「交響詩篇エウレカセブン」のホランドなど、数多くの人気キャラクターを担当。『ダークナイト』のジョーカー(ヒース・レジャー)役など吹き替えでも活躍し、なかでも、トニー役をはじめとする、ロバート・ダウニー・Jrの作品を数多く担当。最新作『ドクター・ドリトル』(公開日未定)でも吹き替えを務めている。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]