「エール」失恋を経て裕一は国際作曲コンクールに…4週のあらすじ

裕一に新たな目標が
裕一に新たな目標が - 画像提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「エール」(月~土、総合・午前8時~ほか)が4月20日から4週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

声楽のレッスンを頑張る音…第4週【画像】

 「エール」は、作曲家の古山裕一(窪田正孝)とその妻である関内音(二階堂ふみ)の物語。昭和の激動の時代を舞台に、音楽とともに生きた夫婦の姿を描き出す。4月20日からは第4週「君はるか」に突入する。

[PR]

 1年前の失恋を引きずって、黙々と仕事を続ける日々を過ごす裕一。銀行の仲間たちは、そんな裕一の様子に気を揉んでいたが、叔父の茂兵衛(風間杜夫)は裕一が心を入れ替えて仕事に身を入れ始めたと聞き、やっと養子としてみんなに紹介できると安堵していた。将来の目標が見えない日々を送っている裕一だが、ある日、訪ねてきた幼なじみで新聞社に勤める鉄男(中村蒼)から「国際作曲コンクール」の話を聞く。

 一方、豊橋の関内家では音が幼少の頃に出会った双浦環(柴咲コウ)のような歌手になることを夢見て、御手洗清太郎先生(古川雄大)から声楽のレッスンを受けていた。音の姉の吟(松井玲奈)はお見合いを重ね、妹の梅(森七菜)は作家を目指していた。そんな関内家のもとに、ある知らせが届く。

 連続テレビ小説102作目となる「エール」。第3週では、ダンスホールで出会った踊り子に心を奪われる裕一の姿が描かれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]