金沢のミニシアター「シネモンド」5月30日より営業再開

5月30日から営業を再開するシネモンド(劇場提供)
5月30日から営業を再開するシネモンド(劇場提供)

 石川県金沢市のミニシアター・シネモンド(香林坊東急スクエア.4F)が、5月30日から営業を再開する。新型コロナウイルスの感染予防策として、4月15日から長期にわたり休館していたが、県の休業要請解除を受けて再開を決定した。5月30日から6月5日までは『レ・ミゼラブル』『私の知らないわたしの素顔』『サイゴン・クチュール』『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』を上映予定。

 ミニシアターのなかった金沢で1998年に開館してから22年、かつてない事態に存続が危ぶまれるなか、MOTION GALLERY で独自のクラウドファンディングを立ち上げ、割高だが配給会社と劇場への支援となり営業再開後に使用できる「支援鑑賞券」を販売するなど、劇場を残すために活動している。クラウドファンディングには、今は行くことができないが、劇場を応援したいというファンの思いが集まっており、支援金は劇場存続のために使われる(プロジェクトは6月30日23:59まで)。

 再開にあたり、座席数90席のところ、各回の入場者数を30名までに制限。電話での予約受付を実施し、指定できるのは間隔を空けた座席のみとなる。さらに、窓口でのチケット購入時や入場の際には、劇場で設けたガイドに沿って、観客同士に前後2メートルの感覚を空ける。

[PR]

 飛沫感染防止のため受付にはシールドを設置し、釣り銭の受け渡しもトレイを使用。劇場内の座席、手すりは休憩時間ごとに消毒する。また、感染者が確認された際に連絡をするため、来場者に名前と連絡先を聞き、不可能な場合は入場を断るなど、徹底した感染防止策がとられる。劇場内のトイレも当面は使用を中止し、東急スクエア内のトイレの使用を推奨する。

 これらの感染防止策に加え、劇場では「お客様へのお願い」として下記のように呼びかけている。(編集部・入倉功一)

・県外からのお客様の来場は当面の間、ご遠慮ください。

・ご来館の際はマスク着用の徹底と受付での手指の消毒のご協力をお願いいたします。

・マスク不着のお客様のご入場をお断りいたします

・飛沫感染防止のため、当面の間は劇場内でのご飲食を禁止とさせていただきます

・咳や発熱など体調不良のある方はご来館をお控えください。

無症状の方でも感染している可能性があります

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]