『ザ・バットマン』ほか新作映画の情報も!DC独自のバーチャルイベント8月開催

24時間DC作品に浸れる夢の空間「DCファンドーム」
24時間DC作品に浸れる夢の空間「DCファンドーム」

 米ワーナー・ブラザースは16日、DCコミックスに関連する映画、ドラマ、ゲームなどの最新情報を公開する24時間のバーチャルファンイベント「DC FanDome(DCファンドーム)」を、日本時間8月23日午前2時から開催すると発表した。イベントには特設サイトから無料で参加可能で、期間中は『ザ・バットマン(原題) / The Batman』『ブラック・アダム(原題) / Black Adam』といったDC新作映画のキャストなどが登壇するトークセッションが実施される。

ロバート・パティンソンのバットマン姿【画像】

 「DCファンドーム」は、 映画やドラマの熱狂的なファン、コミックス読者、ファミリーなど誰もが楽しめるバーチャルテーマパーク。パネルセッションを多言語で視聴できる「Hall of Heroes(ホール・オブ・ヒーローズ)」を中心に、初公開の映像を堪能できる「DCウォッチバース」、世界中からコスプレ画像が集まる「DC“ユー”バース」、子供向けコンテンツが豊富な「DCキッズバース」、アーティストたちの舞台裏に迫る「DCインサイダーバース」、限定商品を扱うショップが並ぶ「DCファンバース」と枝分かれされた5つの世界が広がる。

[PR]

 目玉となるトークセッションでは、『アクアマン』『シャザム!』に加えて、『ワンダーウーマン 1984』(10月2日全米公開)、『ザ・スーサイド・スクワッド(原題) / The Suicide Squad』(2021年8月6日全米公開)、『ザ・バットマン(原題)』(2021年10月1日全米公開)、『ブラック・アダム(原題) / Black Adam』(2021年12月22日全米公開)といった新作映画のキャストや製作陣が登壇。待望の最新情報や独占映像などの公開に期待が高まる。さらに、2021年配信予定の『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットに関するセッションも用意されている。

 ドラマ作品では「Titans/タイタンズ」「バットウーマン(原題) / Batwoman」を筆頭に、「ドゥーム・パトロール(原題) / Doom Patrol」「ブラックライトニング」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「THE FLASH/フラッシュ」「SUPERGIRL/スーパーガール」「LUCIFER/ルシファー」「スターガール(原題) / Stargirl」「スーパーマン & ロイス(原題)/ Superman & Lois」などの人気タイトルがラインナップされている。

[PR]
「DCファンドーム」

 イベントではその他、協賛社のタレントハウスと提携して、DCファンアート並びにファンショーケースを募集。DCに関連するコスプレ、メイク、タトゥーなどを特設サイトに送ると、イベント中に紹介される可能性もあるという。コンテストで最終選考に残り、見事受賞したアーティストには、DCとタレントハウスから賞金が贈呈される。

 ワーナー・ブラザース会長兼CEOのアン・サーノフは「この大規模な没入型のバーチャルイベントは、行列やチケットも不要ですし、国境の概念もなく、全ての人が各々のDCユニバースの冒険をご自身のものにできる新しい方法を提供するでしょう」と初の試みに自信をのぞかせつつ、「DCファンドームによって、世界中のファンに、お気に入りのDCキャラクターとつながる場を提供すると共に、ページ上やスクリーン上でキャラクターに命を吹き込む素晴らしい才能を持ったタレントたちとも繋がる機会をご提供できることは何より嬉しいです」と喜びを語っている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]