大泉洋『新解釈・三國志』に橋本環奈、山本美月!

美しい2人が降臨!
美しい2人が降臨! - (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

 大泉洋主演、福田雄一監督の映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)に橋本環奈山本美月が出演することが発表された。2人はともに美しすぎる“最強の妻”を演じる。

【動画】美しい2人の妻!新解釈メイキング映像「チーム妻」

 本作は西暦約200年の中国・後漢の時代に魏、呉、蜀が中国の覇権を巡り群雄割拠していた史実をまとめた「三國志」に、福田監督が脚本も担当して新解釈をくわえた作品。大泉が「蜀」の武将・劉備玄徳を演じている。

[PR]

 橋本は諸葛亮孔明(ムロツヨシ)の“中国四千年の鬼嫁”・黄夫人役。福田監督からのオファーを受けて「ついに福田組で真面目な顔してカメラ前に写るんだ」と思った橋本は「だからと言ってはなんですが、前日めちゃくちゃ緊張」していたそう。だが「現場に着くやいなや、福田組でのキャストの皆さまの思いっきりコメディーのお芝居を見て、なるほど、やっぱりこういうことですね! と安心しました」と振り返っている。

 一方の山本は賀来賢人ふんする呉が誇る天下の最高司令官・周瑜の妻で“無垢なる美女”・小喬役を担当する。山本は「周瑜さまに助けられつつ、楽しくきゃぴきゃぴ演じました。ただ、本編より本編じゃない方のセリフが信じられないくらいの分量一人語りで泣きたくなりました!! 泣かなかったけど!」とコメントしている。

 キャスト発表と同時に公開された「新解釈メイキング映像『チーム妻』」では、美しい2人の妻の姿、大泉が橋本を“わざわざ”見に行く様子、山本の前で賀来が見せる渾身の演技などが映し出される。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]