ADVERTISEMENT

波瑠&鈴木京香の刑事バディ再び!「未解決の女」Season2、8月スタート

最強バディが再び!
最強バディが再び! - (C) テレビ朝日

 波瑠鈴木京香が対照的な刑事バディを演じる連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)のSeason2が8月6日よりスタートすることが決定した。

波瑠、美しいウエディングドレス姿!【画像】

 2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマとして放送された「未解決の女」。警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件の捜査に奮闘する。2019年4月にはドラマスペシャルも放送された。

ADVERTISEMENT

 Season2には二人に加え、レギュラーキャストたちも続投。第6係に嫌味の集中砲火を浴びせる特命捜査対策室の室長・古賀清成役の沢村一樹をはじめ、第6係のメンバーを演じる遠藤憲一(草加慎司役)と高田純次(財津喜延役)、そして第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守役の工藤阿須加も出演する。また、今回は第5係の刑事・桑部一郎(山内圭哉)が係長に昇進しているということで、お馴染みの面々の新たな活躍に期待大だ。新レギュラーキャストが参戦することも決定しており、詳細は近日発表される予定となっている。

 前作から引き続いて脚本を手掛けるのは、波瑠がヒロインを演じた連続テレビ小説「あさが来た」や、放送を控える大河ドラマ「青天を衝け」などで知られる大森美香。第1話の「灰の轍」は2時間スペシャルでの放送となる。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」Season2はテレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜よる9時~9時54分放送
※初回は2時間スペシャル(よる8時~9時48分放送)

波瑠(矢代朋 役)

刑事モノはセリフも難しく、演じる側としては大変ではあるんですけど、Season1とスペシャルを経て、また続編があるといいなと思っていました。なので、Season2が決まったときは、すごくうれしかったです。と同時に、「未解決の女」は私の周りでもすごく評判がよかったので、「あっ、やっぱり!」という感覚もありました。今は、また一層頑張らなきゃな、と気を引き締めています。

京香さんとは先日、撮影現場で約1年ぶりにお会いしたんですけど、自粛期間中はご自宅にずっといらっしゃったと思うのですが、さすが女優さんはいつでもキレイなんだなぁって思いました(笑)。

ADVERTISEMENT

今回の撮影現場ではフェイスシールドをつけたり、手洗いなどにも気をつけたり……と、スタッフの皆さんが以前より気を配っていて、撮影の進め方もやはり変わったなと感じます。でも、ドラマ自体の温度感は以前のままで、現場も基本的ににぎやかな雰囲気! 「こんなに久しぶりなのに、皆さんと楽しくおしゃべりができてよかった!」という安心感があります。

Season2は、矢代たちが第1話から難解な事件に立ち向かいます。現在起きた事件を追うだけじゃなく、時間を巻き戻して過去の未解決事件とつなぎ合わせて考えていく捜査展開は、台本を読んでいても難しいなぁと思いますけど、そこで明らかになるトリックはやっぱり大きな見どころです。また、鳴海先輩と矢代のどこかで支え合っているような関係も、皆さんに楽しんでいただけたら、うれしいです。

鈴木京香(鳴海理沙 役) コメント

波瑠ちゃんとはさっそく現場でお会いしましたが、フェイスシールド越しにも澄んだ大きな瞳が印象的で……! 波瑠ちゃんはやっぱりいつもキレイな目をしているなぁ、と思いました。

「未解決の女」の現場は久しぶりですが、6係のセットも以前とまったく同じで、足を踏み入れた瞬間に時間の流れを忘れました。もちろんフェイスシールドをしながらの撮影など、今回初めての経験もありますが、この状況をポジティブに取り込んで、新しい仕事の仕方をみんなで工夫していけたらいいなぁ、と心から思います。

Season2をご覧になる皆さんには“文書を中心とした謎解き”という、変わった切り口のサスペンスをぜひ楽しんでいただきたいです。あとはやっぱり、個性豊かなキャストの関係性ですね! 本当に「こんな刑事さんがいたら、いいなぁ!」と思う方たちばかりで、楽しくやっていますので、ぜひご覧ください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT