『コンフィデンスマンJP』ダー子は長澤まさみの魅力&スキルが全方向に出る役

長澤まさみ×古沢良太!
長澤まさみ×古沢良太! - (C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 7月23日に初日が控えている『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開を記念してYouTubeの東宝Movieチャンネル内で配信されているWEB番組「コンフィデンスマンTV」で「長澤まさみ×古沢良太スペシャル対談 前編」が10日に公開され、2人が作品や長澤が演じた主人公・ダー子について語っている。

【動画】長澤まさみ×古沢良太スペシャル対談 前編

 本作は2018年にフジテレビ系列で放映されたドラマの劇場版シリーズ第2弾。世界屈指の大富豪レイモンド・フウのばく大な遺産を狙って、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)たち信用詐欺師がフウ家にもぐりこむ。ドラマ版、そして2019年公開の劇場版第1弾に続いて古沢良太が、唯一無二の脚本を書き下ろしている。

[PR]

 長澤と古沢の対談では映画公開を目前にした現在の心境や、企画の立ち上げ当初のことなどを語っている。主演を長澤が務めることが決まったときに古沢がどう思ったか、 長澤にとって脚本の第一印象はどういったものだったかを明かしつつ、古沢が「長澤さんの魅力やスキルを全方向に出る役に」とダー子について説明する一幕もある。

 14日にYouTubeで公開予定の対談動画の後編では「シリーズの中でお互いが好きな回」「今作の撮影の裏側」「女優・長澤まさみについて」などのトークが展開される。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]