ADVERTISEMENT

山下健二郎、ライバル心むき出し!『今日から俺は!!』に勝ちたい!

勝ちたい! - 山下健二郎
勝ちたい! - 山下健二郎

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE山下健二郎が18日、都内で行われた映画『八王子ゾンビーズ』公開記念舞台あいさつに出席し、同じ17日に初日を迎えた『今日から俺は!!劇場版』にライバル心をあらわにし「勝ちたい」と本音を漏らした。イベントには、共演の久保田悠来藤田玲牧島輝松岡充鈴木おさむ監督も登場した。

【画像】イケメンキャストずらり!公開記念舞台あいさつの様子

 人気舞台を映画化した本作は、ダンサーになる夢を諦めた羽吹隆(山下)が、八王子の山寺でイケメンなゾンビたちと出会い、彼らが成仏できるようにダンスを教えるさまを描いた、歌って、踊って、成仏できる(!?)新感覚エンターテインメント。

ADVERTISEMENT

 山下は「舞台から約2年間、同じ役をやらせてもらって、そして映像化できたという、僕にとっても大事な作品なので、より多くの皆さんに観ていただけたらと思います」と呼び掛け。また「公開日が『今日から俺は!!』に被っているので、それに勝ちたいと思います」と意気込むと、久保田も「それに伴って新しいタイトルを思いついたんです。『昨日から俺たちは!!』」と『八王子ゾンビーズ』の新タイトルを発表し、笑いを誘った。

 仕上がりに自信満々のようだが、オファーを受けた当初は「ゾンビが満月の日に踊れば成仏する……。何を言っているのかわからなかった」と首をかしげる一同。さらに、ゾンビーズ(久保田、藤田、牧島)のセリフはほぼアドリブだそうで、「なんかやってください」という無茶ぶりに、藤田は「恐怖しかなかった」と苦笑いした。

 一方、アドリブがすぐに下ネタになったことを明かされた久保田は、「ベストを尽くしたと思っています。チームとしては成功だと思います」とにんまり。この日、人生初の舞台あいさつに立ち、緊張で「顔が白い」と茶化されっぱなしの牧島は、もちろんアドリブでも緊張したというが、歌唱シーンは「大喜利みたいな感じになって面白かった」と満足げ。鈴木監督は「男子の部活の合宿のワルノリで作った」と打ち明けると、「そこが面白いところ。空気感を楽しんでいただきたい」とアピールした。(取材:錦怜那)

映画『八王子ゾンビーズ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT