吉沢亮、半沢直樹で「うるさい!!!」 鬼気迫る熱演に大反響

「半沢直樹」第3話より
「半沢直樹」第3話より - (C)TBS

 日曜劇場「半沢直樹」(TBS系、毎週日曜夜9時~)第3話が2日に放送され、吉沢亮演じる天才プログラマーの高坂圭がスピンオフドラマ以来の登場。劇中、上司であるIT企業「スパイラル」の社長・瀬名(尾上松也)に「うるさい!」と声を張り上げる熱演を見せ「ハラハラした」「緊迫感すごい」と反響を呼んでいる。(※ネタバレあり。第3話の詳細に触れています)

【写真】怒濤の展開を見せた「半沢直樹」3話場面写真

 第3話では、東京セントラル証券の半沢(堺雅人)&IT企業「スパイラル」と、スパイラル買収を進める東京中央銀行の伊佐山(市川猿之助)&三笠副頭取(古田新太)&IT企業「電脳雑伎集団」(南野陽子土田英生)が激突。そんななか、前シーズンで銀行を目の敵にし、半沢を執拗に追い詰めてきた黒崎駿一(片岡愛之助)が、証券取引等監視委員会の立ち入り検査として襲来。半沢と瀬名は秘密裏に、「電脳雑伎集団」と手を組む郷田(戸次重幸)率いるIT企業・フォックスを逆買収しようとしていたが、黒崎にその計画を左右する隠しファイルを見つけられそうになり、瀬名の部下である高坂が助っ人として登場した。

[PR]

 黒崎らが半沢の隠しファイルにアクセスするパスワードの解析を進めるなか、高坂は瀬名の指令によりファイルの削除に奔走。時間が迫り焦った瀬名が「どうなのか」と尋ねると、高坂は集中するあまり我を忘れて「うるさい!!!」と声を荒げ、逆上した瀬名が高坂につかみかかりそうになる事態に。しかし、高坂はパスワードを突き止められながらも、黒崎らがファイルを開いた瞬間にそれを削除するという神業を成し遂げた。

 今年1月に単発ドラマとして放送された「半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~」に続き、高坂として登場した吉沢。放送後、ドラマの公式Twitterには吉沢の出演シーンの裏話として「『いきなりこんなに叫ばさせられるとは』とびっくりされてました(笑)。久々の高速タイピングも、なつかしー!とのことです」と投稿されていた。

 第3話では伊佐山と黒崎のダブルパンチに、タフな半沢も「相当めちゃくちゃ激しくヤバイぞこれは……」とこぼし、一難去ってまた一難のスリリングな展開に。また、伏線の張り方も効いており、伊佐山や半沢の妻・花(上戸彩)が手にした段ボール箱のコペルニクスという社名がキーワードに。この会社がスパイラルの窮地を救うこととなり、後半で鮮やかに回収されていた。

 ラストは大和田(香川照之)と、とある人物が祝杯を挙げるシーンで幕を閉じ、来週第4話では半沢が出向の危機に。予告には柄本明江口のりこらも登場していた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]