ミズ・マーベルを操作して究極アベンジャーズ体験!「アベンジャーズ」新作ゲームベータ順次開始

ミズ・マーベルことカマラ・カーンはゲームの中心キャラクターに
ミズ・マーベルことカマラ・カーンはゲームの中心キャラクターに - (c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 マーベルコミックの人気ヒーローチーム・アベンジャーズを操作する期待の新作ゲーム「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」(スクウェア・エニックス)の予約購入者向け先行ベータプレイが、いよいよ7日からスタートした。

ゲームの仕組みなどを解説!「Marvel's Avengers War Table」【動画】

 「Marvel's Avengers (アベンジャーズ)」は、アイアンマンなどの人気ヒーローを操作し、世界をめぐりながらミッションをクリアしていく、三人称視点型のアクションアドベンチャー。爽快なヒーローアクションや、オンラインマルチによる最大4人までの協力プレイはもちろん、巨大な陰謀により解散に追い込まれた、アベンジャーズ再生を追うストーリーも見どころとなる。物語の詳細やゲームモードについては、配信番組「Marvel's Avengers WAR TABLE」を確認してほしい。

[PR]

 ベータテストは、ゲームのプロローグとなる“A-Day”からスタート。アイアンマン、ハルク、ブラック・ウィドウ、ソー、キャプテン・アメリカを操作して、サンフランシスコにおける大型ヘリキャリアの披露イベントA-Dayを強襲したテロリストと戦うことになる。実写映画に先駆けて、ブラック・ウィドウVSタスクマスターのバトルも発生する特別なステージだ。プロローグを終えると、“A-Day”から5年後が舞台の本編がスタートする。

“A-Day”ではソーでもプレイ可能(c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 ここからプレイ可能になるのが、ミズ・マーベルことカマラ・カーン。本作のカマラは、幼いころ“A-Day”で発生した謎のガス、テリジェン・ミストを浴びて特殊な力に目覚めたヒーローという設定。序盤は、この若きヒーローが、本作のメインヴィランとなるモードッグの陰謀を暴くため、解散に追い込まれたアベンジャーズ再結成を目指すことになる。

[PR]

 自在に体を変化させることができるカマラは、腕を伸縮させたスイングアクションや、体の一部を巨大化しての攻撃が特徴。ヒーロー毎に技が違う「ヒーローアビリティ」では、体ごと巨大化して敵を殲滅したり、味方を回復させたりと攻守のバランスに優れた攻撃が用意されており、実写でもこんな活躍を見せてくれるのかもしれないと想像が膨らむ。

スイングアクションも楽しいカマラ(c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 序盤のステージを終えると、アベンジャーズの新拠点となるヘリキャリアに移動。「ウォーテーブル」というコンソールから、ミッションを選択してくことになる。本作の主な構成は、メインストーリーとなるシングルプレイのキャンペーンヒーローミッション、オンラインマルチのウォーゾーン・ミッション。ベータ版では、4つの「ヒーローミッション」、4つの「ウォーゾーン・ミッション」、そして、ウォーゾーンの戦闘にフォーカスした5つの「ドロップゾーン」、仮想空間で目標達成をこなす3つの「HARMルームチャレンジ」をプレイすることが可能だ。

[PR]

 各ミッションでは、目標達成に向けて、本作のメインヴィラン・モードッグが率いるAIMの戦闘員やドローン、ロボットを倒していくことになる。どのヒーローも、軽攻撃、重攻撃、サポート、遠隔攻撃が基本アクションとなるが、同じ遠隔攻撃でも、アイアンマンならリパルサーレイ、ハルクならえぐり取った地面を投げつけるなど、各ヒーローの特徴を生かされているのがニクい。

 ヒーローミッションでは、ハルク専用のステージをプレイ可能。宿敵アボミネーションとの戦いも楽しめる。パワーファイター同士の対決で、気分はまさに映画の世界。コミックファンはもとより、マーベル映画ファンにとってもかなり楽しめるゲームになっていることがうかがえる。

協力してこそアベンジャーズ!(c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 マルチプレイの「ウォーゾーン・ミッション」では、オープンスペース上で拠点防衛や敵の殲滅など、さまざまな目標をクリアしていくことになる。仲間との共闘が重要な要素となり、ハルクであっても、考えなしに敵に突っ込むと集中攻撃でダウンさせられてしまう。回復スキルのあるカマラでサポートしたり、ブラック・ウィドウのスキルで敵の動きを止めてあげたりと、キャラの組み合わせで戦闘スタイルも変わっていきそう。AIが操作する自分で育成したアベンジャーズと一緒に戦うこともできるので、シングルプレイも十分に楽しめる。

[PR]

 ベータテストでは、4人で協力してウォーボットという巨大兵器が相手のボス戦も。弱点を破壊しながら巨大な敵を倒していくことになる。開発陣によると、製品版ではボス戦に特化したミッションも登場するという。敵はロボットが中心だが、マーベルの有名ヴィランも数多く登場する。

大迫力のウォーボット戦(c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 ステージを回って、ヒーローのカスタマイズに使用する装備「ギア」を集めることも重要な要素だ。ギアには、ヒーローの特徴に合わせた装備が用意され、それぞれにレアリティや特殊効果が設定されている。これによりヒーローの戦闘スタイルも変わってくる。「ウォーゾーン・ミッション」と「ドロップゾーン・ミッション」は何度でも挑戦することができるため、ギア集めのルートプレイもはかどりそうだ。

[PR]
ヒーローの部屋も進めるごとに開放されていく(c) 2020 MARVEL. Developed by Crystal Dynamics and Eidos Montreal. Development support provided by Nixxes. All rights reserved.

 バトル以外では、アベンジャーズの拠点となるヘリキャリア内の設備もファン必見の様子。ベータテストではまだ半壊状態だが、本編ではミッションを進めるごとに設備が充実していく。居住スペースには、各ドアにアイアンマンやハルク、ソーなど各アベンジャーズのマークが記されている。開発陣によると、ミッションを進めていくと、各ヒーローの部屋も開放されていくとのこと。ネタバレにつながるため詳細は伏せられたが、ヘリキャリアの復旧するごとに新しいミッションが発生したりと、ストーリーに直結していくことになるそうだ。

[PR]

スパイダーマン参戦決定!

 追加ヒーローとして、すでにホークアイの参戦が決定しており、2021年には、PlayStation向けにスパイダーマンの実装が予定されている。ホークアイは映画でもおなじみのようにさまざまな種類の弓矢を駆使して戦うキャラクターとなり、コミックの名場面からインスピレーションを受けた、彼専用のオリジナルストーリーも用意されており、ゲーム全体の展開にもかかわっていくという。

 一方のスパイダーマンについては、まだ詳細は明かせないものの、「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」オリジナルのスパイダーマンが登場するという。かなり遊べるベータだが、ゲーム全体から見るとほんのひとさわりということ。本編ではより多くのミッションが遊べるということで、映画を観るだけでは決して味わえない、アベンジャーズ生活を体験できる日はもうすぐだ。

「Marvel's Avengers(アベンジャーズ)」は9月4日発売 対応機種:PlayStation(R)4、Xbox One、Windows PC 価格:7,980円+税(スタンダードエディション)
8月7日~9日:PlayStation4予約特典ベータ/8月14日~16日:Xbox One / Steam 予約特典ベータ及びPlayStation4オープンベータ/8月21日~23日:オープンベータ

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]