早見沙織&小倉唯、池袋が舞台のアニメ映画『君は彼方』出演!

『君は彼方』に出演する早見沙織と小倉唯
『君は彼方』に出演する早見沙織と小倉唯 - (C)「君は彼方」製作委員会

 人気声優の早見沙織小倉唯が、マンガ・アニメの聖地としても知られる東京・池袋を舞台にしたアニメーション映画『君は彼方』に出演していることが明らかになった。

【動画】池袋をリアルに描写!映画『君は彼方』特報

 本作は、ささいな事で幼なじみの青年とケンカをしてしまった少女が、思いを伝える前に交通事故に遭い、不思議な世界へ迷い込んでしまう青春ファンタジー。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる女優・松本穂香が主人公の澪(みお)を、特撮「仮面ライダーエグゼイド」で仮面ライダーブレイブ役を務めた瀬戸利樹が澪の幼なじみ・新(あらた)の声を担当する。

[PR]

 大ヒットアニメ「鬼滅の刃」(胡蝶しのぶ)などで知られる早見は、不思議な世界で澪を助ける着物姿の謎の少女・菊ちゃん役を担当。また「HUGっと!プリキュア」(輝木ほまれ/キュアエトワール)などで知られる小倉は、現実世界の澪の友人・円佳役を務める。

 早見は、劇中で描かれる池袋ついて「私も何度も訪れたことがある場所ですが、細部までリアルな池袋の街並みと、そこで起こるファンタジーな出来事との取り合わせが不思議で、引き込まれました」と感激。「生きていく中での人と人との繋がり、自分の道を自分で決めること、誰かに正直な思いを伝えること……改めて見つめ直すきっかけをくれるような作品です」と語る。

 小倉も、「この作品をきっかけに、池袋のよりディープな魅力を感じるきっかけになったり、作中に登場する聖地をファンの方同士で一緒に巡っていただけたら、本作への魅力や理解度も深まるのではないかな、と思います」と期待のコメント。また、澪を演じた松本との共演について「普段は声優と女優という違う畑にいる私たちですが、その時ばかりはアフレコ技術や演技力を互いにリスペクトし合い、様々なことをお話しながら収録が進みました。演者としてとても刺激になりましたし、情熱ややる気にみちあふれた、楽しい現場でした」と振り返っている。

[PR]

 監督・脚本・原作は、本作が初の長編劇場アニメーション作品となる瀬名快伸。早見と小倉とのアフレコについて、瀬名監督は「アフレコの後、この映画を作った経緯を説明したのですが、途中からずっと早見さんは泣いてました。本当に純粋な人なんだと、早見さんの存在に僕が感動しました。また、小倉さんは台本を読み込む力、読解力の高さにいつも驚かされます。円佳というキャラをそのままストレートに演じるのではなく、演出や物語の構造を理解して、微妙なニュアンスを芝居で出していただきました。ぜひ劇場でそんな無垢な菊ちゃんと、円佳の繊細な芝居を聞いていただけたらと思います」と語っている。(編集部・入倉功一)

映画『君は彼方』は11月27日よりTOHO シネマズ池袋ほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]