亀梨和也の観察力!『事故物件』原作者・松原タニシが明かすスゴさ

亀梨和也
亀梨和也 - (C) 2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会

 映画『事故物件 恐い間取り』(公開中)の主演を務める亀梨和也KAT-TUN)の観察力のすごさについて、原作となる「事故物件怪談 恐い間取り」の作者・松原タニシが、シネマトゥデイのYouTube配信番組「シネマトゥデイ・ライブ」のインタビューで語った。

【動画】映画『事故物件 恐い間取り』の原作者・松原タニシにインタビュー!

 本作は、テレビ番組の企画で、事故物件住みます芸人として人気が出た松原のノンフィクションを基にしたホラー作品。テレビ出演のために事故物件に住み始めた若手芸人・山野ヤマメ(亀梨)は、さまざまな怪奇現象に遭遇することになる。

[PR]

 人気アイドルである亀梨が、自身をモデルにしたヤマメを演じると聞いた松原は「実感が湧かないんです。『今日からあなた総理大臣よ』と言われるみたいな感覚」と信じられなかったと笑う。また、初めて亀梨と会った撮影初日、「事故物件に住んでるときなに考えてました?」「周りの人になにを言われましたか?」と亀梨が松原について知ろうと積極的にコミュニケーションを取り、松原は「気が付いたらインタビューされていた」と振り返る。

 いざ撮影が始まると「さっきの関西弁あってましたか?」と松原に聞くなど、真剣に役に向き合っている亀梨の姿が印象的だったという。さらに、「タニシさん、よくまばたきしますよね。緊張したりするとまばたきいっぱいするんですよ。さっきの撮影でそれ(まばたき)いれておきました」と松原自身が気づかなかったクセまで過去の映像などで研究。まばたき以外のクセや仕草も取り入れており、松原は「僕の知らない松原タニシを先に知っている」と絶賛していた。

 事故物件に住み始める“売れない芸人”ヤマメを好演している亀梨は、普段のキラキラしたアイドルの姿からは想像つかない新たな一面を披露。シネマトゥデイのインタビューでは「関西弁と芸人さんであること、そこに違和感を持たれたら、この映画のエンタメ性を半減させてしまう。『ああ亀梨っぽいね!』と思う部分はゼロに近く、むしろマイナスからのスタートで、まずはそこをどうクリアするか。違和感をぬぐえなかったら僕の力不足ということになりますから、キチンと丁寧に向き合いました」と語っており、どこまでも真面目に取り組む姿勢が、作品に昇華されているのかもしれない。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]