力士たちのぶつかり合い!『相撲道』予告編公開

遠藤憲一がナレーション!
遠藤憲一がナレーション! - (C) 2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

 「365日、闘う」力士たちの生き様に密着したドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』(10月30日公開)のポスタービジュアル、予告編が公開された。ナレーションを遠藤憲一が担当している。

【動画】朝稽古まじきつそう…『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』予告編

 本作は日本の国技である「相撲」の知られざる世界をとらえたドキュメンタリー作品。2018年12月~2019年6月の約半年間にわたってふたつの相撲部屋(境川部屋、高田川部屋)に密着し、朝稽古や力士たちの日常生活、親方や仲間たちとの絆、そして本場所での闘いの姿にカメラが迫っている。日本相撲協会が制作協力を行い、相撲の魅力を歴史、文化、競技など様々な角度からひも解いていく。

[PR]

 公開された予告編は「相撲とは一体何だ?」という遠藤の力強い問いかけから始まる。力士たちが土俵の上でぶつかり合い、「毎日、交通事故です」の言葉も。また想像を絶するキツさである朝稽古の一部や、関係者が「相撲はスポーツではない。お相撲さんは武士」と語る姿などが映し出される。

相撲道
(C) 2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

 ナレーションを担当した遠藤は「相撲の歴史を学び、親方や仲間たちとの絆に心うたれながらの収録でした」と振り返る。「強くなるためにひたむきに稽古する姿、寝る、食べる、すべてが相撲特有の美学として伝わってきます。語りの役として、この素晴らしき大相撲の世界を皆さまにお届けできること、大変嬉しい思いです」とコメントしている。(編集部・海江田宗)

事故のようなぶつかり合い『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]