伊藤健太郎が異世界トリップして陰陽師に!『十二単衣を着た悪魔』新映像

華やかな衣装も見どころ!
華やかな衣装も見どころ! - (C)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

 女優・監督の黒木瞳がメガホンを取った映画『十二単衣を着た悪魔』(11月6日公開)から、主演の伊藤健太郎ふんする主人公・伊藤雷が、源氏物語の世界にトリップして陰陽師として新たに人生を歩み始める様子を切り取った予告編が公開された。

三吉彩花の美しい十二単姿も!『十二単衣を着た悪魔』予告編

 原作は、内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」。公開された予告編では、就職試験59連敗中で彼女にもフラれ、家にも居場所がないフリーターの伊藤雷が、ひょんなことから「源氏物語」の世界へトリップしてしまう、という衝撃の展開が繰り広げられる。

[PR]

 しかも、“悪魔”との呼び声が高い弘徽殿女御(三吉彩花)を現代から持ってきた薬で救ったことから、雷は彼女付きの陰陽師となることに。そんな弘徽殿女御や、恋に落ちる相手・倫子(伊藤沙莉)など、さまざまな人々との関わりによって進むべき未来を見つけようともがく主人公の姿を、OKAMOTO'Sが歌う主題歌「History」が彩っている。

 あわせて、華やかな衣装に身を包んだ伊藤と三吉らの姿を捉えた新ビジュアルも公開に。着物とパーカーという、現代と絵巻物の両方の世界を表現した衣装をまとった伊藤に対し、三吉は美しい十二単姿を披露。「この十二単衣は渾身の組み合わせ、ベスト・オブ・ベスト」と言うほど監督のこだわりが詰まった衣装にも注目だ。(編集部・吉田唯)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]