TOHOシネマズ立川立飛、ミュージシャン監修の音響で映画×音楽体験!9月10日OP

9月10日から開業する「TOHOシネマズ 立川立飛」
9月10日から開業する「TOHOシネマズ 立川立飛」

 3日、TOHOシネマズが9月10日から開業する「TOHOシネマズ 立川立飛」(東京都・立川市)の内覧会が行われ、音楽ユニット・LOVE PSYCHEDELICONAOKIが音響調整を手掛けるなど、こだわりの設備の全貌が明らかになった。

「TOHOシネマズ 立川立飛」ロビーイメージ

 多摩モノレール立飛駅直結の商業施設「ららぽーと立川立飛」の近接地にオープン予定の同館は、全9スクリーン、全1,605席を備えるシネマコンプレックス。その特色として、立川エリアでは初となるイマーシブ・サウンド・システム対応の「IMAXデジタルシアター」、TOHOシネマズ独自規格となる「プレミアムシアター」、空気を震わせるサウンドを体験できる「轟音シアター」という3つのシアターを完備。また売店には、TOHOシネマズ初となるドリンクバーを導入するなど、こだわりの設備が売りだ。

[PR]
ドリンクバーを導入

 このうち「プレミアムシアター」「轟音シアター」の音響調整を共同で手掛けたのがNAOKI。ギタリスト・ベーシストとしての活動と共に、サウンドエンジニア・プロデューサーとして数々の音楽制作を行っているNAOKIは、スピーカーの開発に挑戦したTOHOシネマズ日比谷の音響に惚れ込み、自身のライブツアーで同じ仕様のカスタムスピーカーを使用するほど、同社の音響システムを高く評価していることから監修に就任。映画ファンでもあり、同施設の音響施工担当者が舌をまくほどの熱心さで、調整にこだわったという。

 「轟音シアター」は、2つのスピーカーユニットを向かい合わせで駆動させ、通常の1.5倍~2倍のパワーをさせるアイソバリック方式を採用したサブウーハーを導入したシアターで、導入されるのはTOHOシネマズ池袋に続き2館目。この日は参考映像として、飛行機による戦闘シーンを捉えた映像が上映され、飛行の音や爆発音など、低音の迫力を感じながら、しっかりとセリフも聞き取れ、“体感”という言葉がピッタリな上映環境となっていた。

[PR]
轟音シアターは体感する価値アリ!

 同シアターでは、通常の映画上映と、ライブ映像などをスクリーンに映すODS(映画以外のコンテンツ上映)という、2種類の上映に合わせて音響をチューンナップ。一般的な映画上映は、サラウンドシステムで立体的な音響が楽しめるようにチューンナップされているが、スクリーン上映を想定していないODSは2チャンネルの音響であることが多いという。この日の内覧会では、参考用としてポップス音楽が流され、ひとつひとつの楽器の音がくっきりと聞こえる、極上の音響設備の中で音楽を聴いているような気持ちが味わえる。

音響調整を手掛けたNAOKIは、ライブで日比谷仕様のカスタムスピーカーを使用するほど

 「プレミアムシアター」は、映画制作者の意図する形を自然に再現することを目標とするシアターで、迫力の轟音から、吐息や布がすれるような繊細な音まで、再現できるようなシアターを目指したという。こちらもNAOKIの監修によって、一般上映向けとODS向けの2種類のチューンナップが施された。

[PR]

 近隣には映画ファンに絶大なる支持を集める音響システムを誇る「立川シネマシティ」、ミニシアター系を中心に上映する「kino cinema立川高島屋S.C.館」なども営業している。そこに、こだわりの設備を誇る「TOHOシネマズ 立川立飛」がオープンすることで、立川が映画の町として注目を浴びることになりそうだ。ドリンクバーの設置を含め、同館が目指したのは「楽しみ方の多様性」。同館の大石誠支配人は「近くにららぽーとがあるので、客層は主にファミリー層が中心となると思いますが、設備的にもこだわりがあるので立川以外からも来ていただきたい。立川全体が映画の町として盛り上がっていけたら」と期待をかける。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]