岩田剛典&新田真剣佑共演の衝撃作、公開日決定!初映像に新キャストも

ティザービジュアル
ティザービジュアル - (C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

 岩田剛典新田真剣佑共演のサスペンス映画『名も無き世界のエンドロール』の公開日が2021年1月29日に決定し、初映像となる特報が17日、公開された。

【動画】『名も無き世界のエンドロール』特報

 本作は、行成薫の同名小説を、「ストロベリーナイト」シリーズなどの佐藤祐市監督が映画化。幼少期から支え合いながら生きてきたキダ(岩田剛典)とマコト(新田真剣佑)が10年後、日本中を巻き込んだある計画に向かうさまを描く。もう一人の幼なじみ・ヨッチ役に山田杏奈、キダとマコトが自動車修理工場で働いていたころに出会う政治家令嬢リサ役に中村アン

[PR]
名も無き世界のエンドロール
ヨッチ(山田杏奈)とキダ(岩田剛典)

 特報は、キダ、マコト、ヨッチの青春時代からスタート。問題のある家庭で育ちながら、仲睦まじく暮らしてきた3人の人生が一変していくさまが切り取られている。「俺はこのエンドロールを見届けなければならない、なあそうだろ?」というキダの意味深なセリフもあり、エンドロールとは何を意味するのか、誰に呼び掛けているのか、想像を掻き立てる。ナレーションを担当するのは主演の岩田。

 同日、3名の新キャストも発表。リサの父親で多大な影響力をもつ大物政治家に『居眠り磐音』などの石丸謙二郎、キダが裏社会に入るきっかけを作る自動車修理工場の社長に『星の子』の公開を控える大友康平。キダを交渉屋に育て上げる裏社会のドンに、ドラマ「半沢直樹」のヒール役も話題の柄本明がふんする。(編集部・石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]