佐藤大樹、LDHの先輩の背中から影響 後輩も「大切な存在」

佐藤大樹
佐藤大樹

 映画『小説の神様 君としか描けない物語』(10月2日公開)で橋本環奈とともに主演を務めたEXILE・FANTASTICS from EXILE TRIBE佐藤大樹。アーティストとしてのみならず、俳優としても活躍の幅を広げる佐藤が、日々影響を受けているという先輩・後輩との関係について明かした。

佐藤大樹、ファンの声も参考に【インタビュー動画】

 原作は、作家・相沢沙呼の人気小説。中学生のときに作家としてデビューしたが、ヒット作に恵まれない高校生の千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒットを連発させている小余綾詩凪(橋本)という高校生小説家の2人が、読者の心を大きく動かすベストセラーの共作に挑む姿を描く。『HiGH&LOW』シリーズなどの久保茂昭が監督を務めた。

[PR]

 佐藤は、EXILEと FANTASTICS from EXILE TRIBE という2つのグループでパフォーマーを務めながら、『HiGH&LOW』シリーズ、『ママレード・ボーイ』『センセイ君主』などに出演し、俳優としてもキャリアを積んできた。今作『小説の神様』では主演として、繊細な役どころを見事に演じ切っている。アーティスト、俳優の両方で活躍する苦労もあるに違いないが、「演技をすることが好き」と以前より語っていた佐藤。

 「その気持ちは変わらないどころか、すればするほど楽しくなっています。一也という役を通じて、また自分の新たな一面を出せたと思います。そういう巡り合わせを重ねて、いろいろな役をやればやるほど楽しくなっています」

 特に、演じるキャラクターについて監督とディスカッションをする時間が好きなのだとか。「役について話して、普段は絶対にしないような恰好をあえて選んだりする。自分じゃない自分になれる、あの瞬間が僕は好きです」と声を弾ませる。

 俳優として“演じること”の楽しみの一つとして「別人になれる」と語る一方、ステージ上では素の自分で勝負しているという。

 「(ステージの上でも)もちろん演じている部分も多少はあるとは思いますが、お客さんに楽しんでいただくことだけを考えて、その日の自分のベストコンディションでやっている。そういった意味で、毎回毎回素の自分でいます」

[PR]
佐藤大樹

 そうした活躍の裏には、所属するLDHの先輩たちから受けた影響も大きい。

 「そもそも僕がダンスを始めたきっかけが、HIROさんのダンスを見たこと。その日からダンスをやりたいと言っていたくらいです。それに、実際にEXILEになってから現場で見せてくれるAKIRAさんの背中からは、かなり影響されていますし、自分からも吸収しようとしています。いい意味で技を盗むというか……今も先輩たちから勉強中です」

 俳優業においては、特に EXILE TRIBE の先輩と共演する『HiGH&LOW』シリーズへの出演は糧になっている。 「一人一人芝居に向き合うスタンスも違えば、現場にいる佇まいも違う。それが本当に面白くて、この人のいいところを盗む、次はこの人のいいところを盗むといった感じで、毎日盗み放題でした!」と貪欲な姿勢を見せる。

 『小説の神様』のメガホンを取ったのは、そんな『HiGH&LOW』シリーズと同じ久保監督。すでに出来上がっていた信頼関係は、作品づくりにおいてプラスになった。

[PR]

 「詩凪にビンタをされるシーンは、台本には1回しか書いていなかったのですが、監督の遊び心といいますか、僕がみじめになっている姿を見ることが好きな方なので(笑)、気づいたら『往復ビンタして』や『もう一発いこうか』など現場でどんどん増えていきました。モニター越しに監督が楽しそうにされていて、そういう監督を見られることがうれしかったですし、主演をやるからには僕のダサいところをたくさん撮ってほしかったんです」

 また、先輩たちへの尊敬の念をあらわにする佐藤だが、彼を慕う後輩が増えてきたのも事実。「毎日違う後輩とご飯に行ったり、後輩と一緒の現場で普段聞けないような話を聞いたりするのがすごく楽しくて、先輩から受ける刺激はもちろんですが、後輩から受ける刺激もたくさんあります」と語り、後輩たちについて「すごく大切な存在です」とほほ笑んでいた。(編集部・小山美咲)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]