今夜「麒麟がくる」第24回あらすじ 将軍の器

はなればなれ運命ならば忘れてしまおう
はなればなれ運命ならば忘れてしまおう - (C)NHK

 NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第24回「将軍の器」が20日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

【写真】豪華キャスト!「麒麟がくる」出演者発表会見フォトギャラリー

 長谷川博己が主演し、本能寺の変で知られる戦国武将・明智光秀の知られざる半生を描き出す本作。「将軍の器」では三好・松永の子らによるクーデターが勃発し、将軍・足利義輝(向井理)が命を落とす。

[PR]

 空いた将軍の座を巡って、京は弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄擁立派に二分される。松永(吉田鋼太郎)と藤孝(眞島秀和)は、命を狙われる覚慶が身を隠す手助けをする。交流のあった義輝の死を知った光秀は松永のもとへ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾する。

麒麟がくる
(C)NHK

 そんな松永から光秀は朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)からの文を見せられ、「覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように」という義景の意向を知ることとなる。第24回からは山崎吉家役で榎木孝明が初登場する。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]