三浦春馬さん、主演映画で「精一杯最高の芝居」 田中光敏監督、完成披露で故人を偲ぶ

『天外者』より
『天外者』より - (C)2020 「五代友厚」製作委員会

 三浦春馬さんの主演映画『天外者』(読み:てんがらもん 12月11日公開)の完成披露試写会が25日、大阪商工会議所で行われ、田中光敏監督が「彼はスクリーンの中で、精一杯最高の芝居をしてくれています。春馬くんが僕に、“僕をこの作品に呼んでくれてありがとう”と、言ってくれました。ただ彼が完成した作品を観れないのが、残念です」と公開を前に亡くなった三浦さんへの思いを語った。

【写真】豪華キャスト集結!三浦春馬さん主演映画『天外者』

 本作は、激動の幕末から明治初期にかけて、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた五代友厚(三浦)を軸にした青春群像劇。試写会は、友厚の命日でもある9月25日、彼が初代会頭を務めた大阪商工会議所で開催。登壇した田中光敏監督は、スタッフ・キャストと切磋琢磨して臨んだ撮影を振り返ると共に、大胆な発想と行動力、冷静かつ緻密さと優しさを持つ友厚を演じた三浦さんを偲んだ。

[PR]
店外門
完成披露試写会に登壇した田中光敏監督

 「大阪から日本、そして世界中の人々が観てもらえるような作品になっていると信じて今日送り出します。ぜひ皆さんのお力をさらに借りて、まわりの方々に広めていただけたらと思います。三浦春馬を始め、それを支えたたくさんの素晴らしい役者たちの最高の演技をぜひご覧ください」と来場者に呼びかけた。

 友厚を取り囲む面々として、盟友の坂本龍馬役に三浦翔平、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎役に西川貴教、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃に森永悠希。『火天の城』(2009)『利休にたずねよ』(2013)などの田中光敏がメガホンをとった。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]