是枝裕和監督、東京国際映画祭に厳しく提言

第33回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

 是枝裕和監督が29日、都内で行われた第33回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見に出席。33回目を迎える同映画祭に対し、改善策を提言した。

[フォトギャラリー]華やか!昨年の東京国際映画祭レッドカーペット

 同映画祭で実施される、アジアのクリエイターたちによるトークイベント「アジア交流ラウンジ」を企画したメンバーの一人でもある是枝監督。企画意図を問われると、数多くの海外の映画祭に参加する中で、「日本映画は本当に豊かで多様な長い歴史を持っていて、それに下駄をはかせてもらって僕の作品が評価されているとすごく感じている」と謙虚な姿勢を見せつつ、「いきなり批判になりますが、長い歴史を持っている国々は、それに比例する形でいい映画祭を持っているが、東京国際映画祭は果たしてそれに見合っているか疑問でした」と率直な思いを語りだした。

[PR]

 さらに、よりよい映画祭にするための改善策を記した提言書を、その時々のチェアマンに手渡していることも告白。そんな経緯により、今年の安藤裕康チェアマンから「直接協力してくれないか」という話を受けたという是枝監督は、「映画の現在と未来について、監督、プロデューサー、役者などがトークする場所の実現を目指した」と説明した。

 同映画祭の未来を真摯に考える是枝監督は、コロナ禍における今年、グランプリを選出する「コンペティション」がなくなり、観客の投票で決まる「観客賞」のみが設けられたことに、「未来の東京国際映画祭の形」があるのではないかと期待を寄せる。

 というのも、是枝監督は常々、「本来の映画祭の目的を明確にしようと思ったときに、映画祭の核になる部分にコンペや賞を与えることが必要かどうか」と疑問に思っているからで、「映画祭は映画に賞を与える場所という認識を持っている人が多く、賞の結果だけに注目が集まるが、参加して感じる映画祭の豊かさはそことは違う」と明言。「コンペがない方が、映画祭とは何だ? ということを参加される方たちも考えやすい」うえに、「より東京国際映画祭の個性が際立つのではないかと考えています」と語った。

[PR]

 加えて「ずっと言っていること」として、「(会場が)分散しているので、まず(開催する)街を決める。劇場をきちんと押さえるという一番大事なところがまだ非常に揺らぐんですよね」と根本的な問題解決を願っていた。

 この日は、フェスティバル・アンバサダーを務める役所広司、「Japan Now」部門で特集する深田晃司監督、東京国際映画祭チェアマンの安藤裕康氏、東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターの久松猛朗氏も来場した。第33回東京国際映画祭は10月31日(土)~11月9日(月)、六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかにて開催。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]