マーベル新作「ミズ・マーベル」カマラ・カーン役が決定

「ミズ・マーベル」ロゴとマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ
「ミズ・マーベル」ロゴとマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ - Jesse Grant / Getty Images for Disney

 マーベル・スタジオが製作する新作ドラマシリーズ「ミズ・マーベル(原題) / Ms. Marvel」で、主人公のミズ・マーベルことカマラ・カーンを演じる主演俳優が、新人のイマン・ヴェラーニに決定したと、Deadlineをはじめ各メディアが報じた。

【画像】マーベル新作ゲームのミズ・マーベル

 2013年にコミックデビューしたミズ・マーベルは、超人類・インヒューマン遺伝子の発現により、体の形状を変化させる特殊能力を手にしたヒーロー。イスラム教を信仰するパキスタン系アメリカ人の少女でもあり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初のムスリム女性ヒーローとしても注目を浴びている。

[PR]

 The Hollywood Reporter によると、大役への抜擢となったイマンは、カナダ・トロント出身の新人俳優で実力は未知数。昨年の第44回トロント国際映画祭では、若者で組織されるネクストウェーブ委員会の一人に選ばれており、映画祭サイトの「映画でどの登場人物を演じてみたい?」という質問に「アイアンマン」と回答していた。

 「ミズ・マーベル(原題)」は、ディズニーの公式動画配信サービス「Disney+」で2021年に配信予定。『バッドボーイズ フォー・ライフ』のアディル・エル・アルビビラル・ファラー監督コンビを筆頭に、パキスタン出身でドキュメンタリー監督のシャルミーン・ウベード=チナーイや、インド系アメリカ人監督のミーラ・メノンが各エピソードで演出を務める。

 「Disney+」では、さらにMCUの新ヒーローが登場するドラマシリーズが配信予定で、先日には「シー・ハルク(原題) / She-Hulk」の主演が、「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」のタチアナ・マズラニーに決定。2020年末に「ワンダヴィジョン」を配信するほか、「ザ・ファルコン・アンド・ザ・ウィンター・ソルジャー(原題) / The Falcon and The Winter Soldier」「ロキ(原題) / Loki」「ホークアイ(原題) / hawkeye」「ムーンナイト(原題) / Moon Knight」などを予定している。さらに、サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが登場する新シリーズの製作も報じられている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]