横浜流星が好対照な表情で魅せる!『きみの瞳が問いかけている』新カット

憂いのある表情も色気たっぷり
憂いのある表情も色気たっぷり - (C) 2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C) 2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

 吉高由里子横浜流星がダブル主演を務める映画『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開)より、横浜の好対照な表情を捉えた新たな場面カットが公開された。

【写真】横浜流星の海岸シーンの裏側も!メイキング写真

 本作は、不慮の事故で視力と家族を失った明香里(吉高)と、罪を犯してキックボクサーとしての未来を絶たれた塁(横浜)の恋模様を描くラブストーリー。横浜は本作のために10キロ増量して肉体を改造し、アクションシーンにも挑んでいる。

[PR]

 今回公開されたのは、明香里と出会う前後で変化する塁の様子を捉えた場面カット。彼女と出会う以前の切なさが宿る表情とともに、光が差し込んだような柔らかな笑顔が好対照な印象を残す仕上がりとなっている。口数の少ない塁の葛藤や切なさを表情で表現した、横浜の演技の一端を垣間見ることができる。

きみの瞳が問いかけている
(C) 2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C) 2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

 横浜が起用された理由として、本作で監督を務めた三木孝浩は「横浜君の魅力のひとつに、表情の豊かさがあります。内に秘めたものがあるキャラクターを演じられる彼だからこそ、あのラストにたどり着けたと思っています。自分の内側の感情を揺らして芝居をするのが、彼の大きな魅力の一つですね」と称賛の言葉を送る。

 また、横浜は声にもこだわったそうで「目の見えない明香里に、声でおじさんだと勘違いされるので、少し低く、でもわざとらしくならないように、いいさじ加減を狙いました。自分の普段の声とは違うので、最初は違和感があったのですが、塁として生きていくうちに慣れていきました。話し方はぶっきらぼうでも、優しさが滲み出るというのが大事だと思っていましたので、温かみがあるような声の出し方というのは意識していたかもしれないです」と役づくりについてコメントしている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]