ADVERTISEMENT

『生きる』リメイク、ビル・ナイが主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ビル・ナイ
ビル・ナイ - Stephane Cardinale - Corbis / Corbis via Getty Images

 黒澤明監督の名作『生きる』の英語版リメイク作品『リビング(原題) / Living』で、英国の俳優ビル・ナイが主演に決定したと The Hollywood Reporter などが報じた。

黒澤明監督【写真】

 本作は、映画『キャロル』を手掛けたプロデューサー、スティーヴン・ウーリーエリザベス・カールセンが、英国の制作会社 Number 9 Films のもと企画している作品。『ビューティー(英題) / Beauty』(2011)でカンヌ国際映画祭のクイア・パルムを受賞したオリヴァー・ハーマナスがメガホンを取る。脚本は、1989年に小説「日の名残り」でブッカー賞、2017年にはノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが担当する。

ADVERTISEMENT

 そして、映画『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー賞助演男優賞を受賞したビル・ナイが主演を務めることになった。その他に、Netflixのテレビシリーズ「セックス・エデュケーション」のエイミー・ルー・ウッドも出演する予定。

 物語の舞台は1952年の英国ロンドン。第2次世界大戦後、英国再建のために政府の歯車になって働いてきたベテラン公務員ウィリアムが致命的な病を患っていることを知り、単調な人生を終える前に何らかの人生の意味を探求することになるというストーリー。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT