多部未華子、岩田剛典は「まじめで勉強熱心」初対面エピソード明かす

輝く笑顔!
輝く笑顔!

 女優の多部未華子が24日、新宿ピカデリーで行われた主演映画『空に住む』公開記念舞台あいさつに出席し、共演者の岩田剛典のまじめな人柄について語るひと幕があった。この日は岸井ゆきの美村里江青山真治監督も来場した。

多部未華子、花束を手に笑顔!【フォトギャラリー】

 人気作詞家・小竹正人の小説を映画化した本作は、孤独を抱えたヒロインが現実と夢のはざまで揺れ動く姿を軸に、彼女を取り巻く人々の葛藤を描き出す物語。この日は久々に観客の前での舞台あいさつとなり、「お忙しい中、“映画館”に足を運んでいただいただけでもありがたいのに、こんなにたくさん来てくださってありがとうございます」と感謝の思いを述べた多部。さらに大勢の観客を見渡して「まさかこんなに人がいると思わなくて。もちろんうれしい気持ちもありますが、皆さん、今日まで元気だったんだなと。感謝ですね」としみじみ。

[PR]
空に住む
ビデオで登場した岩田剛典

 この日は青山監督と、女性キャスト陣だけの舞台あいさつであったが、登壇者にはサプライズで、岩田剛典、鶴見辰吾大森南朋ら男性キャスト陣からサプライズのビデオメッセージが流された。まずは多部に向けたビデオメッセージで岩田が「僕から直実を演じられた多部さんへのプレゼントということで、エレベーターで(岩田演じる)時戸から直実に渡した花束があるのですが、その花束を今日あらためて贈らせていただこうと思っています」と語ると、その後、スタッフから多部にその花束が手渡された。

 それに対して「岩田さんに初めてお会いしたのが撮影のちょっと前でした」と振り返った多部は、「監督とお話というか、質問をする機会を設けていただきました。わたしは監督に何を聞いたらいいのかわからないくらいフワフワしていたんですけど、岩田さんは台本に付箋をいっぱいつけていらっしゃって。そんなに聞くことがあるんだと思いました」と感心した様子でコメント。

[PR]

 さらに「それって台本を読み込んでいるということですから」と続けた多部が、「自分の役の解釈とか疑問を抱いたことについて監督とコミュニケーションをとっていて。すごくまじめで勉強熱心な方なんだなと思いました。わたしにはないところをたくさん持っている方なんだなと撮影が始まる前に焦ったことがありました」と笑顔で明かした。

 続けて岸井に向けてメッセージを送ったのは大森。「大きな秘密を抱えて強く生きようとする愛子に優しく接することができませんでした。ごめんなさい。彼女の情熱的な思いを表現して、真っ赤な花をイメージしました。愛子さん、どうぞ受け取ってください」という大森のコメントに、「これ、わたしでなくて(岸井が演じる)愛子さんに向けてのメッセージですよね。うれしいですけど」と岸井は大笑い。「大森さんとはおそばを食べるシーンがあり、そこで近くにおいしいおそば屋さんがあると教えていただき携帯にメモしていたんですけど、その後に携帯を変えてしまったんです。あのおそば屋さんがどこだったか、またいつか教えてください」と語るも、青山監督が「おそば屋さんで、別のおそば屋さんの話をしていたの? やめなさいよ」とツッコんでみせて、会場を笑いに包んだ。(取材・文:壬生智裕)

映画『空に住む』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]